ブログ

外壁塗装をお考えの方へ!光触媒塗料をご存知ですか?

2021年11月12日|カテゴリー「塗装情報コラム
皆さんは光触媒塗料をご存知でしょうか。
光触媒塗料にはメリットがある一方でデメリットもあります。
そこで今回は、光触媒塗料について詳しく解説しますので、ぜひご参考ください。

□外壁塗装に使われる光触媒塗料とは?

光触媒塗料とは、酸化チタンを利用して光触媒技術を応用した塗料です。
光触媒は光を利用して化学反応を促進する働きがあります。
酸化チタンに光が当たり、酸素や水分と反応することで有機有害物質を水と二酸化炭素へと変化させることで無害化します。

つまり、太陽光に当たることで汚れを分解し、雨が降ることで汚れを落とせます。
酸化チタンは食品や化粧品の着色料としても使用されているため、身体への悪影響はなく安心してお使い頂けます。

□光触媒塗料のメリットとデメリットをご紹介!

*光触媒塗料のメリット

1つ目は、耐久性が高いことです。
溜まった汚れは塗装の劣化を促進させますが、光触媒塗料は自動的に汚れを落とすため塗り直しのメンテナンスを軽減できます。

2つ目は、防汚性が高いことです。
外壁は雨や風に当たるため汚れやすいですが、光触媒塗料であれば自動的に汚れを落とせます。
加えて、防カビ効果や除菌効果も期待できます。

3つ目は、空気清浄効果があることです。
光触媒塗料は、家周辺の空気を綺麗にするため環境にも優しいです。

*光触媒塗料のデメリット

1つ目は、他の塗料よりも比較的初期費用が高いことです。
ただし、光触媒塗料を使うことで耐用年数が伸びるため、長期的に考えるとリーズナブルでしょう。

2つ目は、落とせない汚れもあることです。
光触媒塗料でも大きな汚れは完璧に落せません。
加えて、酸化チタンは有機有害物質を分解するため、土埃やサビいった無機質な汚れは対象外です。

3つ目は、状況によって光触媒塗料の効果が発揮されないことです。
雨や太陽光によって効果が得られる一方で、雨や太陽光に当たらない場所での汚れは落せません。

4つ目は、塗膜がひび割れしやすいことです。
塗膜とは、外壁に塗料を塗ることで作られる膜のことです。
光触媒塗料は、塗膜が固くなりやすいためひび割れする可能性もあります。

5つ目は、色の種類が少ないことです。
酸化チタンは白色であるため色の種類は少なくなります。
そのため、濃い色をお求めの方は注意が必要です。

6つ目は、光触媒塗料が屋根に対応していないことです。
屋根用の光触媒塗料は販売されていないため、それぞれの耐久年数の違いからメンテナンス時期も異なります。
塗装工事するタイミングに差が生じ、塗装工事を別々に行うことで費用総額が高くなることもあるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、光触媒塗料のメリットやデメリットについて解説しました。
当社は、建物やお客様に最適な塗料を提供しております。
外壁塗装でお困りの方はお気軽にお問合せください。

太陽光発電を設置した屋根を塗装する際の注意点とは?詳しく解説!

2021年11月8日|カテゴリー「塗装情報コラム
住宅の屋根に太陽光発電を設置している方も多いですよね。
そのため、太陽光発電のついた屋根塗装についてお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
今回は太陽光発電のついた屋根塗装の方法と注意点について説明しますので、ぜひ参考にしてください。

□太陽光発電のついた屋根塗装の方法とは?

基本的に、屋根に太陽光発電を設置している場合の屋根塗装は必要ありません。
理由は、太陽光発電は劣化の原因となる雨や風、紫外線から屋根を保護するので太陽光発電の下の屋根はほとんど劣化しないためです。

太陽光発電がかぶっていない箇所は劣化するため、気になる方は太陽光発電がかぶっていない箇所のみの塗装をおすすめします。
太陽光発電がかぶっていない箇所の屋根塗装をする際は、太陽光発電を一度取りはずして屋根全体を塗装します。

しかし、太陽光パネルを取り付けたり外したりすることはあまりおすすめではありません。
理由は2つあります。

1つ目は、太陽光パネルを取り付けたり外したりすることで費用がかかるからです。
費用は規模によって異なりますが、およそ10万円~20万円が相場です。

2つ目は、太陽光発電の不具合時にメーカー保証が効かなくなるリスクがあるからです。
太陽光発電にはメーカーから付与された保証があるため、システムに不具合が起きた際はメーカー側が無償で対応してくれます。
しかし、屋根塗装で人的に作業して不具合が出てしまった場合は、保証は適用されない可能性もあるので注意しましょう。

□太陽光発電が設置してある屋根塗装の注意点をご紹介!

屋根のリフォームを行う際に、太陽光パネルの設置業者に相談される方も多いでしょう。
屋根リフォーム工事を強くすすめてくる場合もありますが、ここで注意していただきたいことは、実際に屋根のリフォーム工事を行うのは太陽光パネルの設置業者ではないことです。
太陽光パネル設置工事と屋根のリフォーム工事は分野が異なる工事だからです。

太陽光パネルの設置業者にリフォーム工事をお願いすると仲介料が発生するため結果的に費用が高額になる場合もありますので注意が必要です。

□まとめ

今回は、太陽光発電のついた屋根塗装の方法と注意点について説明しました。
太陽光発電のついた屋根塗装をする場合にはリスクや注意点がいくつかありますので十分に気をつけましょう。
太陽光発電のついた屋根塗装をお考えの方で、疑問点やご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

外壁塗装をお考えの方へ!信頼できる営業員の特徴をご紹介!

2021年11月4日|カテゴリー「塗装情報コラム
外壁塗装を考えていると最も気がかりなのは「信頼できる営業員もしくは塗装会社なのか」という所だと思います。
信頼は、外壁塗装を成功させるためにも大切な判断材料ですよね。
そこで今回は、信頼できる営業員の特徴をご紹介します。

□信用できる外壁塗装の営業員の見極め方をご紹介!

1つ目は、資格を持っている営業員であることです。
渡された名刺に「雨漏り診断士」「外壁劣化診断士」と記載があったら、専門的知識が豊富な資格保有者であり、信頼できると判断して良いでしょう。
しかし、本当に保有しているのか不安な場合は、直接資格についての説明を求めてみてください。
信頼できる営業員であれば、分かりやすく説明してくれます。

2つ目は、劣化箇所について分かりやすく説明してくれる営業員であることです。
知識が豊富な営業員は、工事の必要性のみを訴えてくることはありません。
劣化場所、劣化の症状、対処法を明確に説明してくれます。
何か不明点があれば質問してみることをおすすめします。

3つ目は、家の劣化状況に合わせた提案をする営業員であることです。
極端に安い値段だと足場を少なくしていたり、質の低い塗料を使用していたりするなど、不当に費用を削られている可能性があります。
家の劣化状況に合わせて適切な提案をする営業員を信用するようにしましょう。

□こんな営業トークには注意してください!

1つ目は、やたらと不安を煽ってくるトークです。
「今、外壁塗装しておかないと家が腐っていきますよ」というような、根拠のない理由でただ不安を煽ってくる営業員にはご注意ください。

この場合は、営業員が帰った後にご自身で外壁の傷を確認してみましょう。
0.3ミリメートル以内の傷であれば、今すぐに工事は必要ありません。

2つ目は、とにかく契約するように急かしてくるトークです。
外壁塗装は決して安い買い物ではなく、すぐに決断するのは難しいですよね。
「今日ご契約いただければ特別にお安くいたします」などと契約を急かしてくる営業員は、避けた方が賢明だと言えます。

3つ目は、大幅な値下げを謳うトークです。
どんなことであれ出費は抑えたいものですが、大きな値下げをされる場合は慎重に検討することをおすすめします。
そこまで値引きできるなら、最初の値段の正当性がなくなってしまいますよね。
この場合、値引き後の値段が本来の一般的な価格であることが考えられるので、信用しない方が良いでしょう。

4つ目は、モニターを勧めてくるトークです。
外壁塗装の場合、「営業活動の一環として販売促進にご協力していただくことになるので、お安く提供させていただきます」と言って掲示されるモニター価格は、一般的な相場とそこまで変わらないケースがほとんどです。
元の値段が不当に高いことが考えられるのでご注意ください。

□まとめ

今回は、外壁塗装をお考えの方に向けて、信頼できる営業員の特徴をご紹介しました。
この記事を参考に見極めていきましょう。
当社では、資格保有者による無料診断を行っております。
外壁塗装をお考えでしたら、ぜひ当社をご検討ください。
scroll-to-top