ブログ

山形市アパート屋上 塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)

2020年2月26日|カテゴリー「スタッフブログ
屋上防水 仮設足場設置状況
こんにちわ


池田塗研 工事管理の鈴木です




本日は山形市アパートの雨漏り修繕工事として、



屋上の塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)での改修施工ついてご紹介致します



雨漏り調査のご依頼でご訪問した時に、屋上の既存塩ビシート床面がボロボロになっており、所々下地が見えている箇所もございました


通常はそのボロボロと劣化した防水材は撤去しなければなりません。。例えプロが施工していたとしても現在膨れ・剥がれ等の不具合がある場合も同様です。。


①既存防水材の撤去

②下地調整

③下地塗り


という3つの工程がかさんでしまい、結果がどうしても下地調整費としての比重が大きくなり防水工事全体の金額が高額になってしまいます


この塩ビシート機械的固定工法(絶縁工法)の特徴としては下地が傷んだままでも、簡単な下地処理で施工でき、尚且つ耐久性も非常に良いです



また屋上下地とシートの間に空気層を入れることで絶縁工法になりますので、屋上防水の後に良く起こる膨れの心配もありません



①陸屋根タイプの戸建て住宅
②マンション・ビル屋上
③ルーフバルコニー

に施工ができる最適な防水工法です



before
アパート屋上塩ビシート防水施工前
アパート屋上 塩ビシート改修施工前写真

現在雨漏りがしており、応急処置も考えましたが、前回の防水からたいぶ経過しており、根本的な解決にならないという事で
塩ビシートの絶縁工法を提案させて頂きました

vertical1
after
アパート塩ビシート防水施工完了
アパート屋上 塩ビシート改修施工完了写真
機械的固定工法(絶縁工法)で塩ビシート修繕工事を致しました
もう雨漏りの心配もありません
防水下地が傷んでいる、陸屋根形状のお住まいが雨漏りしている方は
是非塩ビシート防水機械的固定工法(絶縁工法)をお勧め致します

雨漏り、防水工事の事なら㈱IKEDAまでお任せください


通気マット張り込み状況
下地通気マット敷き込み作業状況
湿気を逃がし、下地の不陸調整を緩和する役目を持っています
塩ビシート防水 下地鋼板取付状況
下地鋼板取付作業状況
立上り、平場の入隅部に鋼板を取り付けていきます
242c7599343d7a951658cadf22947aac
下地ディスク鋼板取付完了
通気マット上の丸印の所にディスクを取り付けていきます
通気マット張り込み完了
下地通気マット敷き込み、鋼板・ディスク取付完了
改修用ドレン設置完了
塩ビシート用 改修用ドレン設置完了


塩ビシート張り込み
塩ビシート張り込み状況

正式にはポリ塩化ビニル樹脂を主成分とした合成高分子系防水シートになります。これもマットと同じく全面に敷き詰めていきます

塩ビシート防水 熱溶着作業状況
塩ビシート防水 熱溶着作業状況
塩ビシートの端部をライスターの熱でくっつけていきます
塩ビシート防水 溶着剤塗布状況
塩ビシート防水 溶着剤塗布状況
シートとシートが一体化させるために、溶着剤(接着剤)を塗布して、シートのジョイント部張り付けていきます


 


屋上パラペット笠木 ブリッジシーリング施工状況
屋上パラペット笠木 ブリッジシーリング施工状況
パラペット笠木の繋目も全てシーリングにて補強を行っております
塩ビシート端部シーリング状況
塩ビシート防水 端部シーリング施工状況
塩ビシート防水の端部をシーリングすることで、雨水をシャットダウン

山形南イオンモールにて 無料相談会を開催しました!

2020年2月20日|カテゴリー「スタッフブログ
南イオンイベント写真
こんにちわ



池田塗研工事管理の鈴木です



先日山形南イオンモール1階センターコートにて無料相談会を実施致しました



初めての開催で不安もありましたが



多くの方にご来場頂きまして内心ホットしております



今回は池田塗研創業10周年記念イベントとして



アンケートにご協力頂けた方には商品券をプレゼントしておりました



同時に弊社のポケットティッシュと雨漏り110番マグネットも一緒に配布させて頂きました



塗装・外構の見積もりは勿論の事お家の雨漏り等のお困り事がありましたらお電話頂ければと思います




塗装・外構の無料相談会のご好評につき



次回天童イオンモールにて2回目を開催することが決まっております



ご来場頂けなかったお客様には次回是非ご来場頂ければと思います。。。



2回目の告知乞うご期待下さいませ


ドローン写真
弊社の秘密兵器ドローン
大人の方から子供達にも人気があり
興味があって立ち寄って下さる方が大勢いました
ガイナ写真
弊社のイチオシ塗料ガイナ
実際に塗装した時の体感温度がわかるガイナ性能キットを展示させて頂きました今後塗装をお考えなのであれば機能性抜群なガイナを是非体験してください
塗装紹介
塗装ブース
塗り替えのサインからお勧め塗料、リフォーム補助金etc...
一番の目玉は自社撮影動画
現地調査、施工の流れ、職人さんの仕事風景etc...
立ち止まって見てくださった方はありがとうございました
外壁樹脂サイディング
旭トステムさんの樹脂サイディングブース
塗装ではなく、外壁のカバー工法でお家を守ることができる優れものです
実際の外壁の見本も展示させて頂きました
外構工事無料相談会
池田土研 外構リフォームの相談会も実地致しました新築からカーポート、土間コンクリート打設etc...
ご相談頂き誠にありがとうございました
バルーンアート
バルーンアートは子供たちに大好評でしたまた次回のイベントでも催しますので
是非是非ご来場の程お待ちしております

屋根サビ劣化現象を見かけたら・・・

2020年2月14日|カテゴリー「スタッフブログ
屋根サビ劣化状況
おはようございます


工事管理の鈴木です


先日ジンギスカンを食べに行きました


「蔵王温泉 ジンギスカン ひつじ苑」


肉も柔らかく付けタレも凄くコクがあってとても美味しかったです


ジンギスカン食べたい方は是非行ってみてください



さてさて本日のお題はというと。。。



屋根のサビ劣化についてです



山形の屋根は沿岸部を除いては基本的に金属屋根が葺かれているご自宅を多く見受けます



金属屋根の種類には、金属の素材によって「ガルバリウム鋼板」、「銅板」、「カラー鉄板(トタン)」などの種類があります。



昔からよく使われていたのがトタン屋根ですが、現在ではガルバリウム鋼板と呼ばれる屋根材が普及しています。トタンに比べてサビにくい性質を持っており、耐久年数もトタンに比べれば非常に良い物です。


また葺き方によっても名称が変わり、長方形の平板を横長に葺く「一文字横葺き」



棟から軒先にかけて棒を並べたように葺く「縦瓦棒葺き」



金属製折板をボルトで固定する「折板葺き」があります。



外壁の場合は、築15年目が塗り替えの目安と言われていますが、屋根は実際はどうなのでしょうか



屋根の場合は外壁と比べ、風雨や紫外線に晒されることが特に多いため、外壁に比べれば劣化症状が早いので10年過ぎたら注意が必要です



塗装できた塗膜も永久的ではないので塗り替えメンテンナンスしている屋根も10年過ぎたら専門業者から確認してもらうことが重要です



屋根は過酷な環境のため外壁と比べて劣化が早く、また中々見えない場所のため知らない間に劣化が進行しており、気が付いた時には大きな損害に繋がることが非常に多いです。。。



中でもサビを放置すると、金属の腐食が進行して穴が空いてしまします



当然、穴が空いた部分は交換する必要があるため、葺き替えるという大きな費用が掛かってきます



お金が掛かるからといって、穴が空いたまま放置してしまうと、そこから雨水が内部へ侵入し、構造部分を腐食させ、家全体の耐久力を弱めてしまうため、早めに修繕することが大切になってきます



そのような事態を未然に防ぐためにも、定期的な点検がいかに大切かをわかって頂きたいです



屋根材の塗膜が劣化し、防水効果が失われると雨水等が建物内部に侵入し、柱や梁を腐らせてしまします。



「うちは雨漏りしていないからまだ大丈夫」だと思っていても、知らないうちに屋根裏では雨漏りが進行し柱や梁に大きな雨染みができていたという実例もあります



金属屋根はサビが発生するものなので、定期的な塗装でしっかり屋根材を保護していかなければなりません



そもそも屋根の塗装は破損やサビ劣化、雨漏りといった大きな劣化が起きる前に、症状が軽いときに行うべきメンテナンスだということをお分かりいただけましたでしょうか。。。



傷みが酷くなってから行うよりも、その時の費用を考えれば細目にお手入れしとくことが1番大事です



だけども屋根塗装を行うべき劣化状況を確認したいけど、屋根の状況なんて見えないし分からないと思う方も非常に多いのではないでしょうか。。。




その場合は下屋根の状態を観察することが大切です



下屋根とは、1階部の屋根の事で、2階の窓から確認することできます。



下屋根で劣化を確認した場合、2階部分の屋根でも同様の劣化が起きている可能性が非常に高いと言えます。



それでもわからない場合は、屋根に登ることも危険ですので一度専門業者に見て貰うことをお勧め致します




写真は築32年 塗装2度行っている屋根 雨漏り箇所もあり。。

屋根サビ劣化状況
築25年 塗装1回行っている屋根
屋根軒先サビ劣化状況
築35年 塗装4回行っている屋根
0001-1
最後に告知です



今週の2月16日日曜日



イオンモール山形南店 1階センターコート前にて


池田塗研 創業10周年記念イベント企画を行います



屋根・外壁塗装は勿論のことながら



今回は外構・エクステリアの無料相談会も開催致します



お得なプランもあれば、お得な商品券もあり
お子様向けのバルーンアートも開催する予定であります



是非是非この機会にご来場頂ければと思います



ご来場の程お待ちしております

仙台市住宅 土間スプレーデッキコンクリート施工

2020年2月8日|カテゴリー「スタッフブログ
スプレーデッキコンクリ―ト施工状況
おはようございます


工事管理の鈴木です



本日は仙台市住宅 駐車場土間スプレーデッキーコンクリート施工についてのご紹介です



スプレーデッキコンクリート施工とは既存のコンクリートを壊さずにリフォームできる、デザイン性に優れた床面塗装工法の一つです❕❕



ステンシル目地パターンも豊富で、目地と模様のカラーバリエーションも組み合わせ次第では無限大に広がる
オリジナルのデザイン施工も可能な優れた商品です



幾つもの施工実績、熟練の技術でご自宅の土間コンクリートの美観を大変身させてみませんか




下地がアスファルトでも可能であります




スプレーデッキコンクリートの事なら池田塗研に是非お任せください



before
駐車場土間コンクリートスプレーデッキ施工前
駐車場土間スプレーデッキ施工前状況
horizontal1
after
駐車場土間 スプレーデッキコンクリート施工完了
駐車場土間スプレーデッキ施工完了
土間高圧洗浄状況
駐車場土間 高圧洗浄状況写真
黒ずみ汚れを入念に落としています
駐車場土間コンクリート高圧洗浄完了
駐車場土間 高圧洗浄完了
スプレーデッキ下塗り(バインダー)塗装状況
スプレーデッキコンクリート下塗り(バインダー)塗布状況
土間の吸い込みが激しかったので、2回塗りを行い材料の密着度を高めました
スプレーデッキ下塗り(バインダー)塗布完了
スプレーデッキコンクリート下塗り(バインダー)塗布完了
土間コンクリート立上り部塗装状況
土間コンクリート立上り部塗装状況
立上り部も汚れが目立ちましたので、スプレーデッキ施工前に立上り部を基礎コンクリート専用保護材で塗装を行いました
スプレーデッキ(ベース)下吹き完了
スプレーデッキコンクリートベース1st下吹き完了
仕上がりの目地の色を最初に吹き付けることで、より綺麗に見せることができます
ステンシルパターン貼り付け状況
ステンシル目地パターン貼り付け状況
2人がかりでしっかりと隙間・捻じれなく敷き詰めていきます
ステンシルパターン貼り付け完了
ステンシル目地パターン貼り付け完了
スプレーデッキ(ベース)上吹き状況
スプレーデッキコンクリートベース2nd上吹き状況
ムラ、溜まり、スケ無いように十分に注意し、熟練の技で材料を一定に吹き付けていきます
スプレーデッキコンクリート(ベース)上吹き完了
スプレーデッキコンクリートベース2nd上吹き完了
ステンシルパターン撤去/清掃状況
ステンシルパターン撤去/清掃状況
十分に乾燥後、パターンを撤去し、目地の間のベース材をダスター刷毛で綺麗に掃除していきます
スプレーデッキコンクリート上塗り(保護クリア)塗布状況
スプレーデッキコンクリート上塗り(保護クリア材)塗布状況
保護クリア材は2回に分けて十分に塗布していきます

雪止めスノーグリッド施工

2020年2月2日|カテゴリー「スタッフブログ
スノーグリッド取付完了
おはようございます



工事管理の鈴木です



全然雪も積もっていない現状ですが。。。



今回は雪止め設備「スノーグリッド」を取り付けした施工を紹介します



軒先の落雪防止のための雪止め取付工事を行いました



雪止めと聞くと皆様がイメージするのが、三角の形をしたスノーストップオーケーだと思います。



従来のスノーストップだと、どうしても軒先が目立ってしまったり、屋根よりも早くサビ劣化引き起こして、屋根の方に貰いサビを受けてしまう影響があります。



今回屋根の上にも目立たなく、製品のサビが出ない半永久的に樹脂製の雪止め=スノーグリッドの取付を行いました



雪止めスノーグリッドの素材は、高密度ポリエチレン製で錆びないために、屋根へのもらいサビなどの心配もありません。



耐久年数も50年間は大丈夫ことです!


①耐候性・・・長期間日光、風雨にさらされても強度が下がりません。
②耐薬品性・・・酸・アルカリに対しても状態は安定しています。
③耐寒性・耐熱性・・・寒冷地/温暖地での使用に耐えれます。
④引張強度・・・長期に渡って変わりません。



材料も軽量で持ち運びも楽で




施工性も良く、従来のスノーストップ取り付けよりも数段早いです



従来のスノーストップだとステンレスの番線を使用して取り付けを行いますが、スノーグリッドの場合専用のリールバンドとジョイントを付けて止めます。



慣れれば施工も単純で、力いらずで施工が可能な商品です

グリッドリング取付完了
人の出入りがある裏口付近にはグリッドリングも設置してより落雪に対策できるように設置を行いました



これも従来のスノーストップに比べると軽量で、今回はリールバンドで止めましたので凄く楽に取付することができました



ステンレス番線での取り付けも可能です
スノーグリッド、グリッドリング設置完了

完成して下から見上げたところこんな感じになります



スノーグリッドだと雪止めが付いているのかどうかわからないですね



これできちんと雪が止まってくれれば、少し雪が降ってくるのが楽しみです



雪が積もった状況も後日報告させて頂ければと思います

scroll-to-top