ブログ

宇宙技術を応用した超高機能遮熱塗料「GAINA(ガイナ)」とは?

2017年7月29日|カテゴリー「塗装情報コラム
外壁や屋根の塗装にはさまざまな役割があります。

外観を整えたり、防水施工を行って住まいを保護することはもちろん、近年では高機能塗料の登場により防音や遮熱・断熱など驚くような機能がお家に備えられるようになってきました。

そんな高機能塗料の中でも、近年注目を集める「GAINA(ガイナ)」と呼ばれる塗料をご存知でしょうか。

今回はこれらの高機能塗料の中でも非常に高性能で、メディアでも注目を集めるガイナについてご説明したいと思います。

・GAINA(ガイナ)とは
ガイナはロケットにも用いられる最新技術を応用して作られた高機能塗料です。
日本の宇宙開発・研究機関であるJAXAとの共同開発によって生まれ、宇宙という過酷な環境でも耐えられるほどの高耐久性、多くの機能を備えています。
多くのメディアでも取り上げられ、重要文化財の保護にも用いられるなどその信用性の高さが伺えますね。

・室内での体感温度が+-3度も変わる!?
ガイナはセラミックビーズと呼ばれる細かな粒のような特殊なセラミックでいくつもの層を構成します。
これらの粒は多くの空気を含んでいるほか、何層にも重なることで優れた断熱・遮熱性能を発揮することが可能です。
そのため家の内側と外側で熱の移動がほとんど起きず、夏は涼しく、冬は暖かい快適なお家の環境を作り出すことができます。
また、冷暖房の効果を大きく向上させることができるため電気代やガス代などの節約にもなり、省エネ効果にも大きく期待ができますね。

更に、結露の防止にも大きな効果を発揮します。
暖かい室内から寒い外へ空気が逃げていこうとすることで、空気が壁などで急激に冷やされ水滴となったものが結露です。
壁の内側などで起こった結露は建材などを腐敗させたり、カビの原因にもなってしまいます。
ガイナを用いた場合には熱の移動が起こりづらくなり、ガイナ自体も周囲の温度に合わせて適応するため温度差を生み出さず、結露を防止することが可能です。

・騒音対策にもなる
ガイナを塗布した部分の表面は少しザラザラとしたような感じです。

これは塗装面のセラミックビーズが表面に浮き出してきているためで、一般の塗料に比べ非常に大きな表面積を持っていることがわかります。

表面積が大きい分効率的に音を反射することができるほか、セラミック自体も多孔質で音による振動をすばやく抑えることが可能です。

屋根に用いれば雨音などもほとんど聞こえず、対策のしづらい騒音への対策も塗料ひとつで行えてしまいます。

いかがでしたでしょうか?
ガイナはこれほど高機能にも関わらず、非常に高耐久で15年以上塗り替えが不要なほど長く使うことができます。
これらの高耐久からも船舶や文化財など活躍の場を広げ、ご家庭でも簡単に用いることができるようになってきました。
是非この機会に宇宙の技術を暮らしの中へ取り入れてみてはいかがでしょうか。

屋根や外壁の塗装を行なわないとどうなる?

2017年7月25日|カテゴリー「塗装情報コラム
屋根や外壁の塗装はなぜ必要か

一般的に塗装を行なわない建物はありません。
しかし、長年お家で暮らしていると塗装が徐々に効果を失ってしまい、塗り直しを行わなければならない時期がやってきます。

もしも、塗り直しを行わなければどのようなことが起きてしまうのでしょうか?
今回は外壁や屋根の塗装を行わなかった場合に起こることを交えて塗装の必要性についてお話したいと思います。

・外観が汚くなる
塗装には美観保護の役割もあります。塗ったばかりの壁は汚れもなく非常に綺麗ですよね。
しかし、時が経って塗料が落ちてくると、この塗装自体が汚れになってしまう場合も…
有彩色の場合は長時間雨や紫外線に晒されることで「退色(色が薄くなる)」が起こり、壁の色にムラができることも。
効果を失った塗装の場合は建材自体が傷んでしまうため、歪みなどによる割れや隙間なども考えられます。

・浸水などによって家の寿命を大きく縮めてしまう
塗装の最大の目的は家の保護です。その中でも最も大きいものが防水施工と呼ばれるもの。

これらの機能が失われると建材が雨や風に直接さらされることになり、水を吸った建材は歪んだりFMV腐敗を起こしてしまいお家自体の寿命を縮めてしまいます。

特に平らな屋根やバルコニーなどは水が溜まりやすく、歪んでしまうとより水を溜め込んでしまうため大きな損傷になりやすく注意が必要です。

・家のあらゆる機能が落ちる
腐敗などによって隙間や歪みが生まれると、当然ながらご家庭の断熱機能なども損なわれてしまいます。

そうなると冷暖房などの効きが悪くなってしまい、光熱費の上昇などにつながるかもしれません。

その他にも家が傾くことで水道への影響やお家自体安全性なども損なわれてしまいます。

・遅れれば遅れるほどより多くの費用が必要になってしまう
これは上述したことからもつながっているのですが、塗装によって防げたはずの損傷を引き起こしてしまった場合、塗装よりも遥かに高額な修繕費が必要です。

屋根の場合、瓦棒やハゼ等に雨がたまりやすく錆が進行しますと雨漏りの原因になり、雨漏りが起こればどこから侵入しているか見つけるのは難しくなります。
その場合、屋根全体を葺き替えかカバー工法で高額な工事をしなくてはいけません。

場合によっては屋根や外壁のみの修繕だけでは収まらず家全体の修繕が必要になる場合も考えられます。



いかがでしたでしょうか。

外壁や屋根の塗装の必要性はご理解頂けたかと思います。

早め早めの対策が結果的に費用を抑えることができ、手間もかからず快適に過ごすことが可能です。

自分では「塗装の塗り替えの必要があるかわからない!」といった場合にも無料診断を行っています。
少しでも気になったらまずはご相談頂ければと思います

山形市の屋根塗装と外壁塗装の進行状況!

2017年7月24日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちはーー
天気が悪いくムシムシしますが・・毎日忙しく作業しております!
ブログ更新が遅くなってしまい申し訳ありません・・・汗

あまり文章能力がなかった自分ですがブログを始めてから少し成長してきたのかなと思います!お客様に弊社をより知って頂きたいと思い始めたんですが、自分の普段の話す内容やブログの書き方など少しでも自分の磨きにつながっていますね!一石二鳥ってやつですか(笑)

さて、7月は我ら塗魂ペインターズの上山市立南中学校の山形ボランティアを行いました!!
駐輪場の塗装を3日間かけ行い大成功に終わりました!!

塗料の無償提供と遠方にも関わらず、当日ご参加して頂いたアステックペイントジャパン様、ガイナの日進中部様有難うございました!


かみのやまボランティア

かみのやまボランティア
みんな仲良し塗魂兄弟!!
かみのやまボランティア
弊社社長もナイスショット
ガイナの日進中部 三浦様も一緒にボランティアにご参加くださいました!



さて現場の進行状況です!
6月完工工事です!
山形市西田O様宅
山形市成沢T様宅
山形市陣場Y様宅
山形市下条町I様宅
山形市瀬波T様宅
山形市瀬波S様宅
天童市Y様宅
山形市七日町立体駐車場

職人スタッフが本当に熱い中頑張ってくれているおかげで何事もなく進んでおりますね
お疲れ様です
屋根錆止め
屋根の全面錆止め塗装中の写真です!
弊社が徹底している事
ハゼ(トタン合わせ目)に刷毛を1本1本入れた後にローラーで塗装します!

屋根錆止め
必ず手塗りのローラーで錆止めを塗装します!
均等に転がせて厚く塗膜が付きますので徹底しております
屋根
錆止め塗装で手を抜いてしまいますと錆汁が・・・
トタンの合せ目が錆びてしまうと雨漏りの原因になります。
雨漏りがしたらどこから雨漏りしてるか探すのが困難ですので屋根の張り替えなどになってしまう恐れがあります

屋根
屋根塗装を吹き付け等で行うと均等に塗膜が付かず、しかも塗膜が薄っぺらいので劣化が早いです。
こちらの写真はまだ最近塗装したばっかりとお客様は言っておりましたが。。塗膜がありませんし、おそらく下塗りの錆止め塗装を行ってないのでは

社長からはいつも、上塗りをどんなにいい塗料を使っても下地処理や下塗りをしっかりしなければ何の意味もない!!
下塗りは2液型エポキシ樹脂を弊社ではメイン使っておりますがかなり良い錆止めのようです!下塗りには気合が入っています(笑)

本当にその通りだなと思いますね!フッ素や無機塗料を塗っても1年で剥がれればなんの意味もない屋根塗装になってしまいます。
てことは、塗料ではなく下地処理を行ううちら職人の腕にかかっているという事です

池田塗研

池田塗研

池田塗研

まだまだお盆までありますが、チーム池田塗研で暑い夏を乗り越えます!!
次週は新コンテンツ 清ちゃん動画を始めたいと思います

失敗しない塗料の選び方!その6

2017年7月21日|カテゴリー「塗装情報コラム
家の壁も劣化してきたし、そろそろ外壁塗装をしないとな・・・とお考えの方はいらっしゃいませんか?

外壁塗装は費用も掛かりますし、失敗したくないですよね。
良い外壁塗装をするためには、良い業者を選ぶことはもちろん、外壁塗装に関する最低限の知識は持っていなくてはなりません。

特に、仕上がりを左右する塗料については、よく知っておく必要があります。
そこで全6回に分けて、塗料の種類、値段、選び方などについてご説明したいと思います。
最終回の今回は、塗料のつや有りとつや消しについてお話ししたいと思います。

外壁塗装に使われる塗料は、つや消し、3分つや、5分つや、7分つや、つや有りと5つタイプがあります。どのつや度がいいか、検討していきましょう。

・見た目
つや有りの場合は、つやつやの仕上がりになり、新築のような塗り替えた感が得られます。控え目のつや有りにすると高級感がアップします。
また、外壁の印象が強く出るようになります。
対して、つや無しの場合は、塗り替えた感はあまり出ませんが、落ち着いていて、ナチュラルな印象を出すことができます。薄ベージュ、クリーム色などの薄くて明るい色によく合います。

・汚れのつきにくさ
汚れのつきにくさは、圧倒的につや有り塗料の方が上です。つやがあればあるほど表面がつるつるになるので、防水性が上がり、ほこりやカビやコケが付着しにくい外壁になります。

・耐久性
耐久性はつや有り塗料の方が上です。
上記のように、汚れが付きにくいと劣化も遅くなるためです。

つや消し塗料の場合、つや有り塗料につや消し剤を添加してつくるので、塗料がもともと持っている性能が発揮されないどころか、逆に低下してしまうこともあります。

ただ、これも好みなので、つや消しの落ち着いた仕上がりにしたい方もいらっしゃるかと思います。

特に砂壁調の外壁などはつるつるしたつや有り塗料よりもつや消し塗料の方が断然合います。

そのような方は、つや消し剤を添加してつくる塗料ではなく、もともとつや消し塗料のタイプで、シリコン系塗料以上のグレードのものを使うようにしましょう。
そうすることで、塗料の性能も落ちず、耐久性にも優れた塗装をすることができます。

塗装を終えたころはピカピカの外壁でも、3年ぐらいでつやはなくなっていきます。

つまり、つやありの方がつや無しより3年分耐久性があると考えることもできますよね。

落ち着いたつや無しに仕上げたい場合でも、始めは全くのつや無しよりも3分つや仕上げをお勧めします。

また、あまりにつやがあり過ぎると上品さに欠けるので、高級感を出したい場合は7分つや、5分つやがお薦めです。

和風のお家は艶消し塗料がおすすめです
私個人的にはナノコンポジットの最高艶消し塗料がおすすめです!

洋風のお家は通常の艶あり塗料でも全然合いますのでフッ素樹脂の強靭でピカピカテカテカ塗料をおすすめしております

いかがでしたか?これで塗料シリーズは終わりです。塗装を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

失敗しない塗料の選び方!その5

2017年7月17日|カテゴリー「塗装情報コラム
家の壁も劣化してきたし、そろそろ外壁塗装をしないとな・・・とお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装は費用も掛かりますし、失敗したくないですよね。

良い外壁塗装をするためには、良い業者を選ぶことはもちろん、外壁塗装に関する最低限の知識は持っていなくてはなりません。特に、仕上がりを左右する塗料については、よく知っておく必要があります。
そこで全6回に分けて、塗料の種類、値段、選び方などについてご説明したいと思います。
前回は、迷ったときにおすすめのシリコン樹脂塗料についてお話ししました。
第五回の今回は、その中の、シリコンルーフⅡという塗料についてお話ししたいと思います。

・シリコンルーフⅡの特長
シリコンルーフⅡには、主に5つの特長があると言われています。

まず、一番の特長として挙げられるのは、仕上がりの美しさでしょう。「高光沢・肉持ち感」をもつ高級感のある美しい仕上がりになります。

二つ目は、強靭な塗膜です。塗膜とは、液体状の塗料が乾燥後に硬化した状態のことをいいます。シリコンルーフⅡの塗膜は、積雪、滑雪などの厳しい自然環境に耐える、高い耐久性があります。

三つ目は、10月でも施工できることです。冬場は、10月に入ると夜露の影響で屋根塗装にはあまり向いていないと言われていますが、シリコンルーフⅡは速乾タイプなので、少し寒くなってきた時期の塗装においても高い作業性と光沢感が得られます。

四つ目は、便利な1液タイプということです。1液タイプとは、塗料缶は一つで、そこに水やシンナーを入れて壁に塗るタイプです。
それに対して2液タイプとは、塗料缶は塗料と硬化剤の2つに分かれており、塗装をする直前に塗料と硬化剤を混ぜ合わせ、そこにさらに水やシンナーを入れて薄めてから壁に塗ることです。
1液タイプの方が断然効率がいいといえますね。1液は揮発硬化型塗料に対して、2液は反応硬化型塗料ですので硬化するまでの時間は溶剤が揮発すれば硬化する1液タイプの方が早いです。

五つ目は、豊富な色数があることです。常備職25色の豊富な色展開により、街の景観を豊かに彩ることができます。

・施工方法
吹き付け、ローラー、はけ、すべてで施工することができます。
また、適用下地も、鋼板屋根、トタン屋根、折半屋根、瓦屋根など、様々な屋根に施工することができます。

いかがでしたか?塗料にはあまり馴染みがないと思いますが、少し知っていただけましたでしょうか。
最終回の次回は、塗料のつや有りとつや消しについてお話ししたいと思います。

scroll-to-top