ブログ

外壁塗装で家を涼しくする方法って? 遮熱塗料編

2017年6月29日|カテゴリー「塗装情報コラム

突然ですがあなたは近年日本の平均気温がどれくらい上昇しているかご存知ですか?


なんと21世紀に入ってからすでに1.48℃も上がっているんです。猛暑日の日も増えています。

日焼けや暑さ対策といったワードを聞く機会が増えているのも納得ですよね。


ただ、自分の住宅にまで暑さ対策をしているという人はあまりいません。自宅は私たちが多くの時間を過ごす場所です。その暑さ対策をすることは大切ではないでしょうか?


「でも、そんなこと言ったってどうすればいいの?」という方もいらっしゃると思います。


そこで今回は外壁塗装でできる簡単な暑さ対策を紹介します。今年の夏は大切なご自宅を暑さからぜひ守ってあげてください!

 

遮熱塗料ガイナ


「そもそも、外壁塗装なんかで暑さを軽減できるの?」と疑っていませんか?当然ですよね、塗装を変えるだけで家が涼しくなるなんて本当に夢みたいな話なんですから。


しかし、科学の進歩はそんな私たちの願望をかなえてくれるんです。


実は塗るだけで壁に当たる日光を反射する塗料が開発されています。

その名は遮熱塗料ガイナと言います。外壁の素材によりますがこの塗料は室温を数度下げると実証されています。

「なんだ、たった数度だけか」と侮ってはいけません。

室温が数度下がるだけでも体感温度はかなり変化すると思いますよ!そして室温が下がればエアコンの電気代を大幅に節約できるという効果も期待できます。

 

ガイナのすごさは遮熱性能だけじゃない!


ガイナのほかにもいくつか遮熱塗料は存在します。


ではどうしてガイナを今回ピックアップしたのかというとガイナは断熱性能も兼ね備えているからなんです。

ここで遮熱と断熱の違いを簡単に説明したいと思います。遮熱とは太陽の光を反射させる機能のことで、暑さ対策にはなりますが逆に寒さを軽減させることはありません。

断熱とは熱が壁を伝って逃げることを防ぐ機能を指します。

壁が断熱だと家の熱を外に逃さないので、部屋の暖房効率も防げるんです。


もうお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そうです、ガイナは夏には家を涼しく、逆に冬は寒さから守ってくれるのです!実際にガイナは「塗る断熱材」とも呼ばれています。

 

いかがでしたか?このようにガイナで夏だけでなく冬も快適な暮らしを手に入れることができます。安い買い物ではない外壁の塗り直し。だからこそしっかり塗料の効果をみて選らんでくださいね!

次回は外壁の色と遮熱効果の関係を紹介します

外壁塗装をするなら夏? 夏に塗装をするメリット編

2017年6月16日|カテゴリー「塗装情報コラム

「最近壁の汚れやヒビが目に付くな」というそこのあなた!もしかすると今の時期が塗装しなおすベストのタイミングかもしれません!?


「え、でも外壁塗装なんていつやってもおなじでしょ?」そう思ってしまっていませんか?実はそんなことはないんです。

季節によって塗装のしやすさはおおきくことなるんです。


「そうなんだ。じゃあ一体どの季節がいいの?」ってなりますよね。そこで今回はこれからの季節に外壁塗装をすることのメリットをお伝えしようと思います。

 



メリットその1 塗料の乾燥時間


どうして一般的に夏が外壁塗装に適した季節と言われるのでしょうか?答えはズバリ、塗料の乾燥時間が短いからです!ふつう塗料は高温のほうが乾きやすく、職人さんの作業も順調に進みます。どうせ、外壁塗装をするなら短期間で終わるほうが絶対にお得ですよね。


塗装期間内は窓やベランダを開けられないなんてこともあり得ます。

窓を開けて換気できないと息苦しく感じる人も多いのではないでしょうか?

そんなひとには施工が短く終わる夏場にしてしまうことを強くお勧めします。

また、塗装は何度も何度も塗料を塗りなおして強度を高めていきます。

ここで、塗りなおすにはすでに塗られた塗料が乾いていけないと覚えておいてくださいね。

無理に重ね塗りをしてしまうとかえって壁の耐久性が低くなってしまいます。

何故これが重要かというと、乾燥が遅い冬場に外壁塗装を頼んでしまうと十分に重ね塗りをしてもらえないからなんです。

あらかじめ工期が決まっている場合、壁の乾燥が遅いと重ね塗りを十分にする時間が無くなってしまいますよね。

結果として工期ぎりぎりまで時間が掛かってしまう上に強度が弱いなんてことになってしまうことも。

夏場に施工してしまえばこのようなリスクを未然に防ぐことができますよね。

 


メリットその2 気温の心配は無用


近年では塗料の発達のおかげで一年を通して外壁塗装の工事ができるようになってきてはいます。

すると「それなら、無理にこの季節にしなくてもいいや」と考えてしまいませんか?

しかし、うっかりしていると塗装できる期間を逃してしまうかもしれません。

先に述べたように、現在ではいつでも外壁塗装をできるようになっていますが気温が5度以下だと原則外壁塗装は行えません。

「そろそろ塗装を頼もう」なんて思っていても気温が原因で無理ですなんてことになったらがっかりですよね。夏ならばそんな心配は無用です。

 

いかかでしょうか?夏場に塗装を行うメリットを説明してきました。ただもちろんいいことだらけではありません。

次回はデメリットを詳しくお話しします

山形|鶴岡市で2棟施工中 外壁塗装と屋根塗装状況報告です!

2017年6月13日|カテゴリー「スタッフブログ
工事部の鈴木です!

鶴岡市で2棟同時施工をしており中々更新ができませんでした

鶴岡市のお客様から塗装工事ご依頼を頂けれなんて嬉しすぎますね
外壁塗装と屋根塗装、板金工事をご契約頂きました

無事、完了しました
before
鶴岡市 外壁塗装
鶴岡市 N様邸
施工前写真

horizontal1
after
鶴岡市 外壁塗装
施工後写真
お客様と何回もカラープランの打ち合わせを行い決めました
外壁施工前
鶴岡市住宅施工前写真
IMG_08051
壁の色をガラリと変えた塗替えプランになっております


使用材料
使用した材料は日本ペイントさんパーフェクトトップシリーズ

シリコン樹脂塗料のワンランク上のラジカル制御形塗料
こちらは非常におすすめです!お値段がお安く、そして高耐久!
いわゆるコスパが良いと塗料です!

窯業系サイディングの外壁塗装には水性を

破風、樋、水切りなどの付帯部は弱溶剤を使用しました

シーリング充填
縦目地、サッシ廻り共にシーリングの打ち替えを行いました

弊社のシーリング隊長武田君です


サッシ廻りシーリング完了
サッシ廻りも丁寧に打ち替えをしていきます

サイディング外壁の塗替えをする際は必ずシーリングの打ち替えをすることが当たり前です

鶴岡市 屋根塗装
こちらは鶴岡市のS様邸の屋根塗装です!

トタンの合せ目を刷毛で塗りこんでます



外壁塗装はまた今度投稿します
鶴岡市 屋根塗装
こちらの屋根は既存は黒に近い色でしたが、今回使用する材料はフッ素樹脂の遮熱塗料を使用する事もあり白に近い程遮熱効果が期待できますのでクリーム色にて塗装させて頂きました!

見えにくいですが洋風の外壁サイディングには屋根の色を変えても良い感じに合いますね


また、完成しましたらご報告しますので、ご覧頂ければと思います

壁のカビ 防カビ塗装を行いました!山形市の内装工事

2017年6月1日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちは

工事部の鈴木です

塗装屋の強敵!梅雨の時期が近づいております!!泣
先週は雨ばかりで外の現場はお休みさせて頂き、内装工事を行っております!
新聞社様からのご依頼で壁のカビを取り、防カビ塗装を行いました



コンクリート壁カビ発生状況
内部結露によるカビが発生しております!
棚や物置の裏は湿気がたまりやすくカビが発生しているとは気が付かない事が多いと思います。

コンクリート壁カビ発生状況
棚の裏側はカビだらけですね
カビは空気中に凄く飛びやすくカビをを吸っていると思うと・・・・

防カビ除去剤
アルコール系の殺菌剤を使用し、カビの根っこから除菌をしなければ塗装してもすぐに再発してしまいます

カビ除去剤塗布
ローラーで塗布します。
数秒後カビが黄色く変色しながら消えます


防カビ 塗装
防カビシーラー塗装中
防カビ 塗装
トップコートにケンエースの防カビ機能が付いた塗料を塗装中
カビ除去後
カビを落とした後はひび割れをパテ処理を行い、エマルションペイントにて塗装します
塗装後写真
完了の写真です!
塗装後の写真
こちらも綺麗になりましたね!
カビで気を付けなければならないのは再発です!根っこからすぐに塗膜表面に現れてきますのでカビの除去が大切になります

今からの梅雨に入り湿気が多い時期になりますので、カビでお困りの方はお気軽にお問い合わせください
scroll-to-top