山形市 アパート 屋根塗装・外壁塗装 フッ素UVコート仕上げ

before
099_-_-_-_-1

山形市某アパート塗装前写真

築20年

屋根:トタン金属屋根

外壁:金属サイディング


vertical1
after
102_-_-_-_-

塗装工事完了写真

今回は屋根・外壁共に弊社高耐久性・高耐候性プラン「フッ素UVコート」を使用しました

before
081_-_-_-_-1
屋根塗装施工前
horizontal1
after
014_-_-_-_-5
屋根塗装施工後
083_-_-_-_-1

はじめに既存のスノーストップを外して、高圧洗浄を行いました

150kgの圧力で屋根のチョーキングと汚れを洗い流します

洗浄をするとしないとでは塗料の密着性は大きく変わるので、絶対に疎かにできない作業の一つです

072_-_-_-_-3

洗浄後1日置いて乾燥してからサビ止め塗装に入ります。。

サビ止め塗料は屋根自体のサビの進行を止めるだけではなく、塗料と下地との接着剤の役割を担っていますので、抜けが無いようにしっかりと塗装をしていきます

071_-_-_-_-3

下塗り(サビ止め)塗装完了

今回屋根の色が茶色という事もあり

黒サビか赤サビかでどちらを入れるか迷いました


070_-_-_-_-2

サビ止め塗装乾燥後、上塗りに入ります。

屋根のかみ合わせの部分(ハゼ)の中までしっかりと刷毛で塗装を行い、仕上げはローラーを使用して均一に塗っていきます

073_-_-_-_-2

トップライトの端部シーリングは塗装前にシリコンシーリング材で打ち替えを行っています

004_-_-_-_-3

塗装完了後新規のスノーストップを取付けていきます

結束線も新しい物に替えて、錆にくいステンレス線を使用しました

before
095_-_-_-_-2
2階外壁塗装施工前
horizontal1
after
007_-_-_-_-3
2階外壁塗装施工後
089_-_-_-_-1

サッシ廻り縦目地共に劣化が進行していましたので、全て既存のシーリングを撤去を行います

090_-_-_-_-1

その後、マスキングテープで養生を行い、シーリングプライマーを塗布していきます

何回も言いますけどシーリングの接着させる役割を持っています

087_-_-_-_-1

2液硬化型変性シリコンシーリング材を使用しました

専用のシーリングガンで充填をしてきます

086_-_-_-_-1

充填後仕上げヘラで綺麗に撫でていきます

その日のうちに養生テープを剥がしてシーリング工程は終了です

082_-_-_-_-2

シーリング乾燥後、屋根と同じく高圧洗浄をしていきます

洗浄でゴミやチョーキングを落としていきます

052_-_-_-_-2

養生完了後、下塗り材であるプライマーを塗装していきます

049_-_-_-_-2

下塗り塗装完了

037_-_-_-_-2

上段はアイボリー色仕上げになります

外壁中塗り塗装(フッ素UVコート)



024_-_-_-_-3

下段はブラウン色仕上げになります

外壁中塗り塗装(フッ素UVコート)

026_-_-_-_-2

外壁上塗り塗装(フッ素UVコート)

しっかりと強靭な塗膜を作っていきます

016_-_-_-_-7

外壁上塗り塗装(フッ素UVコート)

中塗り、上塗り共に刷毛でダメ込みを行い、ローラーで均一に仕上げていきます


015_-_-_-_-4

外壁のアクセントを設けました

中間部に帯代わりに白で塗りつぶして3色仕上げを行いました

011_-_-_-_-3

外壁塗装完了

056_-_-_-_-3

一部軒天の損傷箇所がありましたので

新規のケイカル版を取付けさせて頂きました

065_-_-_-_-2

軒天の押え釘がだいぶサビが進行していましたので

サビタッチアップをしてから塗装に入ります

055_-_-_-_-2

下地の吸い込み止めと上塗り材との密着性を高めるためにシーラーを塗装していきます


044_-_-_-_-3

シーラー乾燥後、水性防カビ塗料で既存の白に合わせて塗装を行いました

before
077_-_-_-_-2
軒天施工前
horizontal1
after
005_-_-_-_-3
軒天施工後

他の施工事例を見る