山形市 塗り替え 屋根塗装・外壁塗装フッ素UVコートプラン

before
フッ素UVコート
山形市住宅

外壁:窯業系サイディング

屋根:金属トタン

築16年
vertical1
after
130_-_-_-_-3

塗装工事完了後家屋全体
山形の塗装
お客様の写真OK出ましたので、一緒に記念撮影しました
バッチリとポーズを頂きました
005_-_-_-_-15

屋根表面劣化状況

006_-_-_-_-8

屋根チョーキング現象
before
057_-_-_-_-7

屋根塗装施工前
horizontal1
after
081_-_-_-_-5


屋根塗装施工後


UV遮熱コートを使用しましたので、夏の室温をぐっと下げてくれることでしょう

067_-_-_-_-6

屋根高圧洗浄

150kgの圧力で屋根の表面に付着した汚れを落とし、

同時に表面を傷を付ける事によって塗料の接着性を上げる大事な下地処理です

076_-_-_-_-7

屋根下塗り(サビ止め)塗装

屋根の噛み合わせ部分(ハゼ)の中までもしっかりとサビ止め塗料を入れて、ローラーで均一に塗布していきます。

今回使用したサビ止め塗料は2液硬化型で強靭な塗膜を形成していきます

077_-_-_-_-6

屋根下塗り(サビ止め)完了


078_-_-_-_-7

屋根上塗り(トップコート)塗装

基本はサビ止め塗装と一緒で、ハゼの中を刷毛で入れてからローラーで均一に仕上げていきます

トップコートは規定量を付ける事が大事であります

121_-_-_-_-3

屋根上塗り塗装完了

スノーストップ新規取付完了

036_-_-_-_-6

外壁チョーキング現象
025_-_-_-_-7

目地シーリング剥離劣化
before
055_-_-_-_-6

外壁塗装施工前
horizontal1
after
120_-_-_-_-3

外壁塗装施工後
072_-_-_-_-7

外壁高圧洗浄
071_-_-_-_-7

破風板・雨樋高圧洗浄
059_-_-_-_-7

シーリング撤去

既存の縦目地・サッシ廻り等のシーリングをカッターで撤去していきます
060_-_-_-_-6

シーリング養生・プライマー塗布

シーリングのラインを綺麗に出すためにマスキングテープで養生を行い、シーリングプライマーを塗布していきます

シーリングプライマーはシーリングの接着剤の役割を果たしています
062_-_-_-_-8

シーリング充填

2液硬化型変性シリコンシーリング材を使用し、専用のシーリングガンでシーリング材を充填していきます
063_-_-_-_-6

シーリング仕上げ

専用のヘラでシーリング材を仕上げていきます
091_-_-_-_-5

外壁下塗り(シーラー)塗装

シーリング乾燥後、サッシ等の養生を行い、下塗りシーラー塗装に入ります

外壁の隅々まで抜けが無いように塗装していきます
093_-_-_-_-5

外壁下塗り(シーラー)塗装完了


097_-_-_-_-7

外壁中塗り(トップコート)塗装

外壁トップ材1回目塗装状況になります
104_-_-_-_-6

外壁上塗り(トップコート)塗装

外壁トップ材2回目塗装状況になります

2回トップ材を入れることにより、確実に規定量塗布することができ、尚且つ強靭な塗膜を作ります
075_-_-_-_-5

今回屋根トップコートに使用した
「フッ素UVコートルーフ遮熱」
132_-_-_-_-4

今回外壁トップコートに使用した
「UVアクアコート」
116_-_-_-_-4

外壁タイル目地シーリング撤去

シーリングの劣化は進行しておりました


117_-_-_-_-5

外壁タイル目地シーリング打ち替え

サッシの色に合わせた黒色のシーリング材で仕上げを行いました
086_-_-_-_-5

軒天塗装

水性防カビ塗料で塗装を行いました

1番下から目に付く箇所でもありますのでムラなく仕上げていきます
113_-_-_-_-4

化粧板幕板塗装

ガンコ等で表面を足付けを行い、

既存合わせの茶色で仕上げていきます
before
082_-_-_-_-6

破風板・雨樋塗装前


horizontal1
after
088_-_-_-_-6

破風板・雨樋塗装後
083_-_-_-_-5

破風板・雨樋塗装

ガンコ等で表面を足付けをしました

2液硬化型ウレタン樹脂塗料で破風板・樋等を塗装していきます
106_-_-_-_-4

縦樋塗装

破風板・軒樋と同じ仕上げになります

他の施工事例を見る