マスチックローラー  

マスチックローラー
マスチックローラーは円筒にヘチマ繊維状の部品を細かく取り付けたもので、塗料を大量に取り込めるため簡単に厚塗りができるという特徴があります。

別名砂骨(さこつ)ローラー、多孔質ローラー、パターンローラーと呼ばれることもあります。


マスチックローラーには大きく分けて荒目と細目の2種類があり、荒目を使うとさざなみ型模様の塗装面になるのに対し、細目ではゆず肌模様などと呼ばれる模様になります。