吹き付けタイル



吹き付けタイル仕上げ

現在、モルタル壁で最も広く使われ普及している模様です。

ALC壁でも新築工事で吹き付けることもあります。

吹付けタイルとは模様の総称で、吹放し(小粒、大粒)や表面を押さえた(ヘッドカット)ものがある。

新築時には、仕上げに(色付けに)アクリル系の塗料が使われている事が多いので、築後7~10年で再塗装が望ましいです。

もちろんシリコン系の塗料で再塗装すれば、その後10年は大丈夫です。