左官補修

左官補修後

外壁がモルタル壁の場合の下地補修に良く使用されます。

主に塗膜が剥離が起きていたり、大きなクラック(ひび割れ)がある時に補修します。

付けるモルタルの厚みによって、薄塗り用・厚み用のモルタルを材料を使い分けなければなりません。

最後に補修後の周りの壁との段差が出ないように、刷毛など使用してぼかす必要があります。