構造クラック(貫通クラック)

貫通クラック
設計や施工時の欠陥によって生じるクラックの事を言います。

裏面まで貫通していて、0.3㎜以上で深さが4ミリ以上あれば、構造クラックの可能性が大!!

そこから雨水が浸入して、内部腐食や中の鉄筋等ををサビ腐らせてしまいますので、

大変重度なクラックと言えますので、必ずUカット補修をすることをお勧め致します。