モルタル壁



モルタル壁リシン吹き仕上げ写真

モルタルは砂とセメントを水で練ったもので、コンクリートとの違いは砂利や砕石が入っていない壁の事です。


最も数多くみる外壁素材で、壁に「つなぎ目」がないというのが特徴です。

 

ほぼすべてのモルタル壁はその上から模様(リシン・スタッコ・タイル・ジョリパットなど)がつけられ、品質を維持するための塗装が施されています。


モルタルの壁は、ひび割れ(クラック)が生じてくるので、放っておくと水分が壁の内側に入り込み、壁の中を腐らせてしまいます。

下塗り材としてはフィラーが最も適しています。