屋根の唐草

唐草(からくさ)
屋根の先端に見える「屋根の顔」とも呼ばれる部位を唐草と言います。

屋根の見切れ部分に使われる部材で、屋根からの雨水の水切れを良くするものです。

足場のある場合はいいですが、足場のない場合は覗きこむように塗装していきます

屋根の形状や勾配によっては全く見ることができなく、塗り残しが出てしまう恐れがあるので、

ある程度の傾斜が伴う場合の屋根塗装は足場が必要です。

横樋があると、中々下から見るとわかりづらいですが、

軒先と唐草は錆の進行が早いので、入念な下地処理と錆止め塗装が不可欠です。