自宅の外壁が剥がれてショック…考えられる3つの原因とは?

外壁塗装は、経年劣化によって傷んでくるものです。しかし、中には
「塗ってからまだそんなに年月が経っていないのに塗装が剥がれてきている…」
という方もいらっしゃるでしょう。

まだそれほど年数が経っていないのに、外壁塗装が剥がれてきてしまっている場合、その原因は塗装業者が適切に塗装を行わなかったことにあるでしょう。
それでは、業者のミスによる外壁塗装の剥がれの具体的な原因とは何なのでしょうか。

今回は、外壁塗装が剥がれてしまう代表的な3つの原因をご紹介します。
これを読めば、業者に責任があるかどうかが分かるかもしれません。


■原因1:下塗りが適切に塗られていない
外壁塗装では、塗料が3回重ね塗りされますが、そのうち下塗りというのは上の塗料と外壁との密着を良くして剥がれにくくするという重要な役割を果たします。

しかし、その下塗り塗料の選定や量、使い方を間違えると、剥がれなく塗ることができません。例えば、下塗り塗料は種類によって吸水性が異なります。
そのため、よく吸水する劣化の激しい外壁に吸水性の高い下塗り塗料を塗るときには、上塗りが吸い込まれないように下塗りを厚くしなけれればならないのです。

また、市販のDIY用塗料と違って、外壁塗装の塗料は希釈する水との比率や塗る道具などが細かく定められています。このような塗料ごとの特徴にしっかり従わないと適切に下塗りできません。

■原因2:下地処理が適切に行われていない
主な下地処理とは、高圧洗浄・クラック(ひび割れ)の補修・ケレン作業のことを指します。いずれも塗装を始める前に、塗装面をきれいにして、塗料がしっかり外壁に馴染むようにするための作業です。

しかし、この下地処理は手抜きが行われやすいところです。
例えば工期短縮のために高圧洗浄やケレン作業(高圧洗浄でも取り除けなかった古い塗膜などをブラシやスポンジで落とすこと)が十分になされなければ、外壁塗装がすぐにはがれてしまって、外壁材や家の保護機能が果たされません。


■原因3:塗料が付きにくいところに塗装がされている
適切な塗料で塗装を行っても、塗装面の性質故にすぐにはがれてしますケースもあります。
すぐにはがれてしまう素材には、塩化ビニル・鉄・木などがあります。

塩化ビニルは雨樋などに使われているつるつるした素材です。
このようなつるつるした素材に塗装を施す場合は、紙やすりで表面にわざと凹凸をつけて塗料が密着しやすいようにする「目荒らし」という作業が必要です。
もし、家の外壁全体に金属素材が使われているとすれば、この目荒らしをその全体に施さなければ塗料を密着させられないのです。


■まとめ
上の原因を見ると、「塗料を適切に扱っていない」、「下地処理をきちんと行っていない」、「塗料が付きにくい部分に塗装している」といった業者の責任が考えられます。
逆に、このような処理が全て適切に行われている会社は優良業者だと言えます。

全ての原因を明らかにできるわけではありませんが、見積書・費用書などの施工内容を確認すれば分かるかもしれません。一度ご確認ください。