屋根塗装に遮熱塗料を用いた方が良い理由とは?塗装専門店が詳しく解説します!

「屋根塗装する際にはどんな塗料を用いたら良いのか知りたい」「遮熱塗料について知りたい」
このようにお悩みの方は必見です。
そこで今回は、遮熱塗装が良い理由と遮熱塗装が向いている建物について紹介します。

□遮熱塗装が良い理由とは

遮熱塗装では、太陽光を反射し室内の温度上昇を抑制する遮熱塗料が使用されます。
そのため、夏の暑い時期は室内の温度を快適に保てます。
屋根に遮熱塗料を塗装した場合、最大で15度から20度の屋根表面温度を下げられます。
遮熱塗装するメリットは主に4つあります。

1つ目は、夏の室内温度を快適に保てることです。
夏に室内が暑くなってしまう原因の1つは、屋根や壁が太陽光を吸収してしまうことが挙げられます。
そのため、屋根や外壁に遮熱塗料を用いることで、太陽光が反射され、室内温度が2度から3度下がります。

2つ目は、電気代を抑えられることです。
室内温度が低くなると、エアコンや扇風機を使う頻度は少なくなります。
そのため、電気代は大幅に抑えられます。
室内の温度が1度低くなると、およそ10パーセントの電気代を抑えられます。

冷房を使いすぎないことで、環境にやさしい暮らしも実現します。

3つ目は、耐用年数が長いことです。
遮熱塗料の耐用年数は、10年から20年です。
他の塗料に比べて1.5倍から2倍長いです。
そのため、定期的なメンテナンスや補修工事の頻度を減らせます。

4つ目は、熱による劣化を抑えることです。
遮熱塗料は、屋根や外壁の劣化を抑える性質があります。
太陽光を反射する性質を持っているので、熱によるダメージを減らせます。

□遮熱塗装に向いている建物とは?

遮熱塗料は建物によって効果に差があります。
効果のある建物は、主に4つ知られています。

1つ目は、屋根が「スレート瓦」の建物です。
屋根の瓦が4ミリから5ミリと薄いので、室内に熱が伝わりやすいです。
そのため、遮熱塗装することがおすすめです。

2つ目は、金属屋根の建物です。
金属は熱伝導性が高いので、屋根や外壁の表面温度が高くなりやすいです。
金属屋根は厚さが薄く、熱伝導性が高いので、室内温度を快適に保つためには遮熱塗料を用いることが必要です。

3つ目は、吹き抜けのある建物です。
吹き抜けのある建物は、1階部分と2階部分の仕切りがないので屋根から伝わった熱が室内全体に伝わりやすいです。
吹き抜けのおしゃれな魅力を生かせる住まいにするためにも遮熱塗装することがおすすめです。

4つ目は、2階以上の建物です。
2階以上の建物は、太陽光を遮るものがないので室内温度が高くなりやすいです。
遮熱塗料を塗ることで、熱気がこもりにくくなります。

□まとめ

今回は、遮熱塗装が良い理由と遮熱塗装に向いている建物について紹介しました。
遮熱塗装は、夏を快適に過ごすために大切なことです。
遮熱塗料に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。