屋根塗装は必要ない?必要性を詳しく解説します!

屋根塗装は本当に必要か、と疑問をお持ちの方は多いように思います。
普段から屋根の様子を気にすることはあまりありませんので、余計に必要性が分かりませんよね。
今回は、屋根塗装の必要性について、劣化のサインも併せて解説していきます。
この記事を参考に、ご自宅の屋根を確認してみてください。

□屋根塗装の必要性をご紹介!

屋根塗装には3つの役割があります。

1つ目は、屋根を綺麗にすることです。
長年の日光や雨風によって色あせた屋根に、塗装をすることで再び色と艶を取り戻します。

2つ目は、屋根を守ることです。
屋根自体は、紫外線や雨、サビへの耐久性は高くないので、塗装で保護しないとすぐに劣化してしまいます。
塗装で塗膜を作ることで、耐久性を高めているのです。

3つ目は、機能性を付与することです。
塗料の成分によって、遮熱・断熱・防カビ・防汚・弾性・セルフクリーニングなどの機能を付与できます。
屋根の耐久性をより向上させる大切な役割があります。

この3つの役割の中で最も重要なのが、2つ目に挙げた屋根を守る役割です。
塗装せずに屋根が劣化していくと、建物内に水が浸入し建物自体が劣化していきます。
そうなると、補修に多大な費用がかかるだけでなく、少ない衝撃でも倒壊する恐れがあり非常に危険です。
屋根塗装は、屋根だけでなく家を守るためにも大切な工事となるのです。

□屋根塗装が必要になる劣化のサインとは?

1つ目は、色あせやチョーキングです。
「艶がなくなってきた」「色が薄くなってきた」「触ると白い粉がつく」という場合は、屋根の劣化が始まっている証拠です。
屋根塗装を検討し始めてほしい時期です。

2つ目は、コケやカビです。
コケやカビは、じめじめとした場所に発生しますよね。
つまり、塗膜の防水機能が失われてきていることを指します。

3つ目は、ひび割れやずれです。
ひび割れやずれは雨漏りの原因となるので、早急に対処が必要です。
入り込んできた水や湿気により、屋根自体の劣化が進んでしまいます。

4つ目は、塗装の剥がれです。
塗装が剥がれてむき出しになっているのは、保護膜がなくなっている証拠です。
放置すると屋根の傷みがより拡大してしまいます。

5つ目は、破損です。
破損した屋根材が落下すると、ご家族やご近所の方が負傷してしまうかもしれません。
劣化が非常に進行しているので、この場合は塗装ではなく、屋根の補修をする必要があります。

□まとめ

屋根塗装は、屋根を守るだけでなく家自体を守る役割があることをお分かりいただけたでしょうか。
今回ご紹介した劣化が見られるようでしたら、早急な対処が必要となります。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にご連絡ください。