屋根塗装で聞く「縁切り」「タスペーサー」っていったい何?

「屋根塗装について調べてたら、『縁切り』や『タスペーサー』って言葉が出てきたけど、いったい何・・・?」
大事な家の屋根塗装、わからないことがあると不安ですよね。
今回は、屋根塗装の相談の際によく聞く、「縁切り」という作業についてご紹介します。

■「縁切り」とは?
「縁切り(えんきり)」とは、屋根塗装の重要な作業の一つです。
屋根は年中、雨や雪にさらされるため、屋根の中に水が入ってこないようにする必要があります。
しかし、防水性だけではなく、屋根には通気性もなくてはなりません。

通気性がない屋根の場合、湿気と水分が屋根の内部に溜まってしまい、雨漏りや腐食の原因になります。
通気性をつくるために、屋根に隙間をつくる作業を「縁切り」といいます。

屋根は何枚もの板が少しずつ重なり合ってできています。全体に塗料を塗ると、重なり合う部分の隙間が塗料で埋まってしまいます。
水分は目に見えないほんの小さな隙間から屋根内部に浸透してきますし、また、昼夜の温度の変化により、屋根内部の空気は湿気を含んでしまいます。

一度内部に溜まった湿気と水分は、逃げ場がないと外に出ていかないため、縁切りの作業を通して、塗料を塗った後にも通気性が確保できるようにします。

「縁切り」とは、雨漏りや腐食を防ぎ、屋根に耐久性を持たせる大切な作業なのです。

■「縁切り」の方法
縁切りの方法は主に2つあります。
昔からある縁切り方法は、塗料で埋まってしまった屋根板のすきまにカッターやヘラで少しずつ通気口を作っていく地道な作業です。

現在では多くの屋根塗装業者に、「タスペーサー」という縁切り部材が使われています。従来の縁切りは塗料が完全に乾いた後に作業を行っていましたが、タスペーサーは屋根塗装工事の途中段階で屋根にはめ込まれます。
タスペーサーを屋根のすきまにはめ込むことで、塗装後も屋根板どうしに通気口が確保できるのです。

タスペーサーを用いた縁切りのメリットとして、手作業で行うよりも時間がかからないこと、塗装した屋根を作業によって汚さないことがあげられます。

ただし、タスペーサーが使えない種類の屋根や、そもそも縁切りを行わなくてもよい種類の屋根もあります。
ご自宅の屋根がどのような種類のものであるのか、縁切りは必要なのか、その場合どのように縁切りを行うのか、しっかりと屋根塗装業者にご相談ください。


いかがでしたか?
「縁切り」という言葉や屋根塗装の際によく聞く言葉です。
見積もりの際に知っておくと、安心してご相談いただけるのではないでしょうか。
屋根塗装にはいくつも聞きなれない言葉があると思います。わからないことがございましたらお気軽にお尋ねください!