塗装予定日が雨の予報・・・屋根塗装は雨の日でもできる?

「今週はずっと雨の予報・・・屋根塗装の予定があるけど、雨の日って作業できるの?」
「屋根塗装中に雨が降ってきたけど、雨が屋根塗装に与える影響って?」
もちろん晴れた日に作業を行えることが一番良いのですが、残念ながら塗装作業予定日に雨が降ってしまうこともあります。
そのため今回は、雨の日の屋根塗装についてお話しします。

■雨の日は作業できるの?
基本的に雨の日には、塗装作業は行いません。
ただし、多少の雨なら行える工程もあります。
足場の組み立てや養生シートの設置などは、雨の強さを見ながら進めることは可能です。
雨が降ったらどの作業が延期されるのか、前もって屋根塗装業者に相談しておくとよいでしょう。

■雨の日に塗装をする問題点は?
雨の日でも塗装作業を強行する業者も存在しますが、雨の日の塗装作業は問題点がいくつかあります。
雨の日の問題点をしっかり知り、悪徳業者に騙されないようにしましょう。

ほとんどの塗料缶には、塗料が本来の機能を保つための注意事項として、「気温5度以下・湿度85%以上の塗装は避ける」、「降雨が予想される日の塗装を避けるべき」と記載されています。
その理由としては主に以下の問題があげられます。

・乾いていない塗料の上に雨が落ちると、ムラができ仕上がりが汚くなる
・雨が塗料と混じることで薄まり、本来の塗料の性質を保てなくなる
・乾燥していない部分に重ね塗りしていくことになるため、後にはがれやすくなる

つまり、雨の日の塗装作業は、屋根塗装をするにあたり、重要なポイントに悪影響を与えるということがわかります。
小雨であっても、湿度が85%を超えるようでしたら、作業に支障がでます。
天気予報を見て、その日作業を行えるのか相談しましょう。


■塗装途中に雨が降ってきたら?
予報では晴れだったのに、突然の雨。そんなときはどうすればよいのでしょうか。
上述した通り、雨の日の塗装作業は問題点が多くあります。

どこで切り上げるかは塗装業者の判断と相談することになりますが、土砂降りの場合は、残念ながら塗装のやり直しになります。
依頼した塗装業者が大雨の場合塗りなおしをしてくれるのか、確認を取っておくと安心ですね。

今回は、雨の日の屋根塗装についてご紹介しました。「早く屋根塗装を終わらせてしまいたい!」と雨の日に作業を進めてしまうと、せっかくの大事な家の屋根塗装の質が大きく下がってします。
天気予報を見ながら、順次スケジュールを立てて、立派な屋根に仕上げましょう!