塗装会社の選択に迷っている方はいませんか?選び方のポイント

外壁塗装は住宅の外観をきれいに保ち、住宅の構造を守るために欠かせない作業です。
また、外壁塗装を行うには時間もお金もかかるため、みなさん失敗はしたくないはずです。
ところが「思っていたより高い額を請求された」「理想の外壁塗装が実現しなかった」といったような不満の声がたくさん存在します。
なぜこのような不満が起こってしまうのでしょうか?
その一つに外壁塗装会社の選び方が良くないことが挙げられます。

そこでこの記事では、外壁塗装会社の選び方のポイントをみなさんにお伝えしたいと思います。


□外壁塗装会社の選び方のポイント
*地域密着型業者を選ぶ
大手ハウスメーカーのほとんどは、自分で塗装を行わずに下請け会社に依頼をして塗装しています。
この場合、ハウスメーカーに対し、塗装の下請け会社とお客さんを仲立ちする利益である中間マージンが働きます。塗装依頼者は実際の工事費用だけではなく、ハウスメーカーへの中間マージンまで支払うことになってしまいます。
しかし、地域密着地元業者は下請け会社に塗装を依頼せず、工務店の職人たちで塗装を行います。
そのため、業者に中間マージンのような無駄な費用を支払う必要がありません。

*見積書の内容をきちんと確認する
きちんと細かい見積書を出してくれる業者かどうかを確認しましょう。
まずは、塗装するべき箇所の名前と金額が見積書にきちんと記載されているかを確認しましょう。これは、塗装するべき箇所以外を無駄に塗装されて見積書にない項目の費用を後から追加請求されるトラブルを防ぐためです。

次に、総合的な費用が高すぎたり低すぎたりすることはないかを確認しましょう。
なぜなら、どちらの場合もそれは正当な価格ではないからです。
例えば費用が高すぎる場合は、広告宣伝費に必要以上にお金をかけているために、価格設定が適正価格より高くなっている場合がほとんどです。
逆に費用が低すぎる場合は、手抜き工事や額面上の金額を極端に安くすることで契約を取っている悪徳業者である場合が多いです。

さらに、塗料名が記載されているかを確認しましょう。
なぜなら、悪徳業者はコストを下げるために品質が悪くて安い塗料を使用している場合があるからです。
そのため塗料の品質を確認するためにも塗料名をきちんと記載してくれるか確認する必要があるのです。

最後に下地処理の項目があるかどうかを確認しましょう。
下地処理をきちんと行うことで塗装効果を長持ちさせることができます。
逆に下地処理をきちんと行わないとせっかく塗装をしてもすぐに剥がれてしまいます。そのため、手抜き工事をさせないためにも下地処理をきちんと見積書に記載してくれる業者かどうかは重要です。


□おわりに
以上、外壁塗装会社の選び方のポイントをお伝えしました。ぜひ参考にしてみてください。