スレート屋根に塗装が必要な理由は?塗装専門店が詳しく解説します!

「スレート屋根に塗装が必要な理由を知りたい」「スレート屋根の工事内容について知りたい」
このようにお考えの方は必見です。
そこで今回は、スレート屋根に塗装が必要な理由と屋根塗装の費用や工事内容について紹介します。

□スレート屋根に塗装が必要な理由とは

スレート屋根に塗られた塗装は、約7年で劣化していきます。
屋根は、紫外線や雨、風の刺激を受けています。
そのため、住宅のどの場所よりも劣化具合が大きくなります。

スレート屋根は、紫外線などの自然環境の影響を直接屋根に与えないようにしていますが、塗装が剥がれると屋根材が劣化します。
塗装することで、雨漏りやシロアリの被害を解決できます。
劣化具合によらず、定期的なメンテナンスを行うことで安心して生活できます。

加えて、定期的なメンテナンスは、家の寿命を長くします。
1枚当たりの屋根材の費用は高くありません。
しかし、屋根には何百枚の屋根材が敷かれています。
そのため、費用が高くなってしまうので注意しましょう。

□屋根塗装の費用や工事内容とは

スレート屋根の塗装時期は、住宅の屋根の状態によって異なります。
例えば、コケや藻が見られる場合や、築7年から10年経過したスレート屋根には塗装が必要です。
定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、屋根の劣化が早まってしまいます。

また、塗装を行ってから7年から10年経過した場合や、色褪せや剥がれが見られた場合も塗装が必要です。
放置すると雨漏りや割れの原因になるので注意しましょう。
塗料の耐久性は、住んでいる地域によって異なります。
塗装する時期の目安が異なるので、専門家に相談することが大切です。

塗装にかかる費用や耐久性は、塗料の種類によって異なります。
アクリルの場合は、1平方メートルあたり700円から2000円かかります。
耐久性は5年から7年と短いです。

ウレタンの場合は、1平方メートルあたり1500円から2500円です。
耐久性は8年から10年です。

シリコンの場合は、1平方メートルあたり1800円から3500円です。
耐久性は13年から15年です。

フッ素の場合は、1平方メートルあたり3000円から5000円です。
耐久性は15年から20年です。

以上のように塗料の種類によって耐久性が異なります。
加えて、塗料だけでなく、足場や洗浄に費用がかかるので注意しましょう。
一般的に1戸建ての家を塗装する場合は、総額15万円から50万円ほどかかります。
自分たちの予算にあったメンテナンスをすることが大切です。

□まとめ

今回は、スレート屋根に塗装が必要な理由と屋根塗装の費用や工事内容について紹介しました。
屋根塗装は、家の寿命を長くするために大切な工事です。
屋根塗装に関するお悩みや質問のある方は、お気軽にお問い合わせください。