サイディング外壁の寿命はどのくらい?外壁塗装が必要な時期についてご紹介します!

「サイディングの塗装が必要な時期を知りたい」「塗直しが必要な劣化症状を知りたい」
このようにお考えの方は必見です。
そこで今回は、外壁塗装が必要な時期と、再塗装が必要な劣化症状について紹介します。

□外壁塗装が必要な時期とは

外壁塗装は、築年数が経つといくつかの劣化症状が現れます。
そのため、定期的にメンテナンスすることが必要です。
サイディングの中でよく使われる、窯業系はセメントと繊維で作られています。
吸水性があるので、築年数が経つと塗膜が劣化します。

劣化具合によっては、雨水が侵入してきたり、カビが増殖したりします。

金属系は、錆びる素材でできています。
錆の進行が進まないように、補修することが大切です。
劣化すると、その分メンテナンスや補修工事に費用がかかります。
費用はかかりますが、定期的なメンテナンスをした方が家の寿命を延ばせます。

サイディングは、外壁の塗料によって塗装時期が異なります。
以下の例を参考にしてみてください。

・アクリル系は5年から7年
・ウレタン系は8年から10年
・シリコン系は10年から15年
・フッ素系は15年から20年

あくまで目安ですが、前回の塗装から10年が経過している住宅は、防水加工の性能が落ちてきています。
そのため、どの素材も10年を目安にメンテナンスや再塗装が必要です。

□再塗装が必要な劣化症状とは

自分の住宅の外壁について知ることは非常に大切です。
メンテナンスしてもらう会社の選び方や、メンテナンス内容を知っておくことで安心して補修工事を行えます。
またメンテナンスを行う際は、事前に自分の住宅の外壁について知ることが大切です。

外壁の補修が必要な劣化症状は主に3つあります。

1つ目は、コーキングの劣化です。
5年から10年でシーリング材が縮み、剥がれてきたり、ひびが入ったりします。
それに伴い、防水機能が低下します。
放置してしまうと、家の躯体にも影響を及ぼします。

コーキングはサイディングより早く劣化してしまいます。
早ければ5年ほど、遅くても10年を目安にメンテナンスを行うことが大切です。

2つ目は、色褪せです。
築年数が経つと、外壁の色や艶はなくなります。
色褪せする原因は、紫外線です。
サイディングの種類や環境によって、色褪せ具合は異なります。
色褪せを防ぎたい方は、高級な素材を使用することが大切です。

3つ目はひび割れです。
新築時の施工や揺れによって、ひび割れすることがあります。
ひび割れを発見した場合は、早急に補修工事を行うことが必要です。
放置してしまうと、住宅の構造にダメージが出たり、雨漏りの原因になったりします。

□まとめ

今回は、外壁塗装が必要な時期と再塗装が必要な劣化症状について紹介しました。
家族で安心して暮らしていくために、住宅のメンテナンスは非常に大切です。
外壁塗装や劣化症状に関して、お悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。