ラジカル制御型塗料のすごさとは?塗装専門店が詳しく解説します!

「ラジカル塗料について詳しく知りたい」「ラジカル塗料のメリットについて知りたい」
このようにお悩みの方は必見です。
そこで今回は、ラジカル制御型塗料の特徴について紹介します。

□ラジカル制御型塗料とは

耐久性とコストパフォーマンスが優れている塗料です。
近年、シリコン塗料に変わって主流になってきています。
ラジカル制御型塗料で使われている樹脂は、主にアクリル樹脂とシリコン樹脂です。
塗料によって使われる塗料が異なるので注意しましょう。

ラジカルは、塗料に含まれている酸化チタンに紫外線や雨水が触れることで発生します。
そして、外壁や屋根が白い粉状になるチョーキング現象を引き起こします。
ラジカル制御型塗料には、高耐候酸化チタンが含まれており、ラジカルを内側に封じ込める性質があります。
また、光安定剤も含まれているため、高耐候酸化チタンが封じ込められなかったラジカルを捕まえる性質もあります。

これらの性質から、ラジカルの発生を抑制できます。
ラジカルを抑制すると、劣化を防げます。

また、ツヤが出る塗料とツヤが出ない塗料があります。
2種類のうちから、自分の家に合った塗料を選びましょう。
シリコン塗料に比べてコスト面や耐久性のバランスが優れています。
外壁塗装をお考えの方は、ラジカル制御型塗料を検討してみてください。

□ラジカル制御型塗料の特徴とは

特徴は主に3つあります。

1つ目は、チョーキング現象を防げることです。
ラジカルによって、劣化現象を引き起こします。
ラジカル制御型塗料は、ラジカルの発生を抑制できるので、チョーキング現象に対して効果があります。
また、耐候性も高められます。

2つ目は、濃色の場合にはラジカル抑制効果が発揮できないことです。
酸化チタンを使用しない濃色の塗料は、そもそもラジカルが発生しないため、耐候性に影響を与えることはありません。
そのため、濃色の塗料は樹脂の耐候性に依存してしまうため、耐候性の高い樹脂を選ぶことが重要です。

3つ目は、ラジカル制御型塗料の商品数や実績が少ないことです。
ラジカル制御型塗料の実績は、約5年です。
お考えの方は、事前にそれぞれの商品の特徴について知ることが非常に大切です。

□まとめ

今回は、ラジカル制御型塗料とその特徴について紹介しました。
ラジカル制御型塗料は、実績や商品数が少ないため、事前にいくつかのメリットやデメリットを知ることが大切です。
塗料に関して、お悩みや質問のある方はお気軽にご相談ください。