外壁にひびが入っているのに外壁塗装が済んでいない?外壁塗装の必要性について

皆さんは外壁塗装についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
実は外壁塗装は「突然多くのお金がかかる」というイメージが強く、なかなか予算を当てたくないと思っておられる方が多いです。

しかし、外壁塗装は住宅の劣化を防ぐ働きがあり、内装の工事よりも重要です。
お金がかかってもする必要がある工事だといえるでしょう。
本当に外装塗装が必要なの?と思われている方も多いと思うので、今回はそんな外装塗装の有用性についてお話していきます。

◯外壁塗装は重要?
トイレやお風呂、台所などのリフォームは、より便利にすることが目的なので、重要性は低い工事のはずですが、もっと快適に過ごしたいという思いでリフォームする方は多いでしょう。

外装塗装はどうでしょうか?
あまり重要性の実感はないかもしれません。
しかし外装塗装は自宅の劣化を防ぐ大きな役割があるのです。
外装塗装工事をしないと急スピードで住宅の壁は劣化していき、ひび割れや雨漏りが起こってしまいます。
そのため、外壁塗装は絶対に欠かすことのできない大切な工事なのです。

今住んでいる家に、より長く快適に住み続けたいですよね。
そのためにも外装塗装の予算は積み立てておきたいものです。

◯外壁塗装はいつ必要?
そのままでも十分快適に住めているし、わざわざ外壁塗装なんてしないという方もいらっしゃいます。
しかし、外壁が劣化しているのに塗装工事をしないままにしておくと家の耐用年数も減り、欠陥が見つかったときにはもう遅いなんてことが起きてしまいます。

クラック(ひび割れ)や、チョーキング現象(壁に触ると白い粉がつく)など、目で見てわかるぐらいに住宅の外壁の劣化が見つかったときは外壁塗装をしましょう。

これらの現象が起こっていない、目で見ても外壁がきれいな場合はいかがでしょうか。
外壁塗装はまだ早いと判断するかもしれませんね。
実はこれが外壁の劣化の怖いところです。

基本的に外壁塗装を10年以上していないと、外壁の劣化というものは内部でかなり蓄積されています。
長時間風雨や紫外線に侵された外壁の塗膜が流れてしまい、外壁がむき出しになっていることも多く、危険な状態になっていることもあります。
明らかに目で見て分かる劣化が外壁に表れていなくても、10年を目安に外壁の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

○まとめ
以上のように、前回の外壁塗装工事や家を建てた時期から十年以上経っているにもかかわらず、外装塗装をしていないのであればとても危険です。
予算が気になり、外壁塗装がなかなか出来ない気持ちは分かります。

しかし外壁が劣化するまでの期間は、目安として10年とされており、どれだけ注意してメンテナンスをしていても避けるは難しいものです。
築10年以上のご家庭であれば、外壁塗装工事を検討してみてはいかがでしょうか。