そうだったの?家の塗り替えをする意外なメリット!

「家の塗り替えって必要なの?」
「そもそも外壁塗装の役割って何?」
などお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

「外壁塗装はだいたい10年に一度行いましょう」とよく言われますが、なぜ外壁塗装をしなければならないのかは、理由を知らないと納得できないこともあるでしょう。
そこで今回は、家の塗り替えをするメリットをご紹介します。


○住宅の美観を維持する
外壁塗装のメリットの一つは、住宅の美観を維持することです。
普段の生活では、なかなか家の外壁の汚れを実感しにくいため、外壁塗装が本当に必要なのかと思うこともありますよね。

しかし、雨や風に毎日さらされている中で外壁は着実に劣化していってしまいます。
そのため、常に美しい家であるために、家の外壁を塗装する必要があるのです。
塗装が綺麗に保たれているか、塗装にひび割れが起こっていないかが、外壁塗装をするチェックするポイントとなります。

塗装にひび割れが起こっていないかは、完璧に防ぐことはありません。
雨や風の他にも地震などによっても外壁はダメージを受けるからです。
実際に、ひび割れが見つかった際は、専門的な対応が必要になります。

塗装が綺麗に保たれているかに関しても、現代使われている塗料の技術では、色あせを完璧に防ぐことは不可能です。
長年の間、毎日見ている外壁では気がつきにくいかもしれませんが、日ごとに色の劣化は少しずつ始まっています。そのため、住宅の美観を維持するために、外壁塗装をする必要が出てくるのです。

ボロボロで色あせた住宅にならないために、外壁塗装が重要なのです。


○住宅の性能を高くする
外壁塗装の2つ目のメリットは、住宅の性能を高くすることです。
様々な塗料が現在では使用されていますが、その中でも機能性塗料は特に優れています。
機能性塗料とは、地球の環境を考えたエコ塗料や断熱塗料などがあります。

機能性塗料を使用することで、家の中の気温や湿度を私たちが暮らしやすいように調節することができます。
そのため、夏場のエアコンや冬場の暖房といった光熱費を削減することができ、金銭面でも私たちをサポートしてくれるのです。

このような話を聞いていると、機能性塗料は良い所ばかりだと思ってしまいますが、もちろん注意すべき所もあります。
それは、機能性塗料の効果が環境や施工場所によって変わってくるということです。

塗料は住宅の性能を高くするという効果がありますが、その効果は適切な場所で行って初めて得ることができるということが必要になってきます。

それぞれの塗料の特徴をしっかりと把握し、外壁を塗装することで、住宅の機能をさらに高めることができるのです。


以上のように今回は、家の塗り替えをするメリット・重要性についてご紹介しました。
今回ご紹介した理由から、住宅はだいたい10年に一度の外壁塗装が必要だと言われています。
現在お住まいの住宅が、外壁塗装が必要といわれる時期にさしかかっているという方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会に塗り替えを検討してみてはいかがでしょうか?