マスチック工法とは何かをご存じですか?マスチック工法を解説

外壁塗装を検討されている方、塗装の工法は決められましたか。
本記事では、外壁塗装でお勧めのマスチック工法をご紹介いたします。
多くの工法があり、悩まれている方は多いでしょう。
本記事では、マスチック工法の魅力をお伝え出来たらと思います。

□マスチック工法のメリット

マスチック工法とは、どのような工法かご存じでしょうか。
マスチック工法とは、きめ細かい穴で出来ているハンドローラを使い、外壁を1枚の膜で覆う工法です。
マスチック工法の他には、吹きかけ工法というものもあります。

では、マスチック工法のメリットはどのような点なのでしょうか。

*耐久性がある

マスチック工法は、ハンドローラを用いて1枚の膜を作り上げる為、厚みがあり頑丈な塗装を作り上げます。
その為、予期せぬ自然災害による被害や太陽光による劣化を防いでくれます。
よって、他の工法に比べて、耐久性のある塗装ができます。

*塗料の飛沫が少ない

先ほどもう1つの工法として、スプレー方式をご紹介いたしました。
マスチック工法は、このスプレー方式に比べて塗料が飛沫しにくいです。
塗料が飛沫してしまうと、近隣の方の迷惑となってしまう他、塗料の無駄遣いとなってしまう恐れがあります。
マスチック工法を用いて塗料の飛沫を防ぐことで、より効率よく安心して作業が進められるでしょう。

□マスチック工法のデメリット

*年度の低い塗料には適さない

マスチック工法は、壁に塗料を塗る工法です。
よって、粘土がない塗料はローラーから流れ落ちてしまうため、うまく作業が進められないでしょう。
そして、塗装の際に多くの塗料が塗られるため、時間がたつと壁を滴ってくるでしょう。
本記事をご覧になってマスチック工法を使おうと考えている方は、マスチック工法で使える塗料について下調べをしておくとよいでしょう。

*平らにならない

先ほども申し上げました通り、マスチック工法は小さな穴が開いたローラーで塗られます。
その為、そのローラーの特性上、塗装を平らにすることは難しいでしょう。

サイディングボードを使用される予定の方はいらっしゃいますか。
サイディングボードは、それ自体に凸凹のデザインが施されているため、マスチック工法による凸凹が加わると、見栄えが悪くなるでしょう。

□まとめ

マスチック工法について、ご理解いただけたでしょうか。
マスチック工法は、とても魅力のある工法です。
上記で説明した注意点を留意して、マスチック工法で素敵なお家を作り上げましょう。
マスチック工法に関して、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。