屋根や外壁の塗装を行なわないとどうなる?

屋根や外壁の塗装はなぜ必要か

一般的に塗装を行なわない建物はありません。
しかし、長年お家で暮らしていると塗装が徐々に効果を失ってしまい、塗り直しを行わなければならない時期がやってきます。

もしも、塗り直しを行わなければどのようなことが起きてしまうのでしょうか?
今回は外壁や屋根の塗装を行わなかった場合に起こることを交えて塗装の必要性についてお話したいと思います。

・外観が汚くなる
塗装には美観保護の役割もあります。塗ったばかりの壁は汚れもなく非常に綺麗ですよね。
しかし、時が経って塗料が落ちてくると、この塗装自体が汚れになってしまう場合も…
有彩色の場合は長時間雨や紫外線に晒されることで「退色(色が薄くなる)」が起こり、壁の色にムラができることも。
効果を失った塗装の場合は建材自体が傷んでしまうため、歪みなどによる割れや隙間なども考えられます。

・浸水などによって家の寿命を大きく縮めてしまう
塗装の最大の目的は家の保護です。その中でも最も大きいものが防水施工と呼ばれるもの。

これらの機能が失われると建材が雨や風に直接さらされることになり、水を吸った建材は歪んだりFMV腐敗を起こしてしまいお家自体の寿命を縮めてしまいます。

特に平らな屋根やバルコニーなどは水が溜まりやすく、歪んでしまうとより水を溜め込んでしまうため大きな損傷になりやすく注意が必要です。

・家のあらゆる機能が落ちる
腐敗などによって隙間や歪みが生まれると、当然ながらご家庭の断熱機能なども損なわれてしまいます。

そうなると冷暖房などの効きが悪くなってしまい、光熱費の上昇などにつながるかもしれません。

その他にも家が傾くことで水道への影響やお家自体安全性なども損なわれてしまいます。

・遅れれば遅れるほどより多くの費用が必要になってしまう
これは上述したことからもつながっているのですが、塗装によって防げたはずの損傷を引き起こしてしまった場合、塗装よりも遥かに高額な修繕費が必要です。

屋根の場合、瓦棒やハゼ等に雨がたまりやすく錆が進行しますと雨漏りの原因になり、雨漏りが起こればどこから侵入しているか見つけるのは難しくなります。
その場合、屋根全体を葺き替えかカバー工法で高額な工事をしなくてはいけません。

場合によっては屋根や外壁のみの修繕だけでは収まらず家全体の修繕が必要になる場合も考えられます。



いかがでしたでしょうか。

外壁や屋根の塗装の必要性はご理解頂けたかと思います。

早め早めの対策が結果的に費用を抑えることができ、手間もかからず快適に過ごすことが可能です。

自分では「塗装の塗り替えの必要があるかわからない!」といった場合にも無料診断を行っています。
少しでも気になったらまずはご相談頂ければと思います