コンクリート外壁塗装の塗料は、どんな塗料を選ぶのがいいのか?

みなさんは、外壁塗装の塗料についてどのくらいご存知でしょうか。
そもそも外壁について日頃から興味を持っている人の方が少ないと思われます。

しかし、外壁は私たちを雨や紫外線から守ってくれる分だけ劣化もしていきます。

外壁塗装が劣化して、耐久性を失ってしまうと家自体の劣化に繋がってきます。

そうなる前に外壁塗装の塗り替えについて考える必要があるのではないでしょうか。

外壁塗装の塗り替えるにあたって、悩んでしまう原因の1つが塗料選びです。
塗料にも種類が無数にあり、どうしても塗料選びに悩んでしまう方が多いです。

そこで今回は、悩みの原因になりやすい塗料についてお話したいと思います。



◆外壁塗装の塗料で最近よく使用されているのは?
近年、外壁塗装の塗料で使用されることの多い塗料についてご紹介したいと思います。

〇シリコン系塗料
外壁塗装の塗料の中では、最も外壁塗装に使用されている塗料と言えます。

耐用年数は10~15年ほどと長いので、コストパフォーマンスを考えた時にもおすすめできる塗料です。

塗料の特徴としては、高い耐熱性を備えているので、日本でも最近は異常気象が多いためにこういった特徴のある塗料は有効です。

また、はっ水性も高く、雨やほこりが外壁に付着して汚れることも少ないので、外壁が長い期間きれいな状態で保たれます。


◆シリコン系塗料の注意点
シリコン系塗料を選ぶ際の注意点としては、同じ種類の塗料であっても、塗料には水性と油性があるのを覚えておくことです。

マーカーやペンと同じように塗料にも水性と油性が存在します。

油性のシリコン系塗料は水性に比べて、耐久性も高く耐用年数も長くなっています。

シリコン系塗料だからといってすぐに決めずに、シリコン系塗料の中でもどういった塗料なのかをしっかりと調べるようにしましょう。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁塗装の塗料についてお話してきました。

外壁塗装であれば、一番人気があるのがシリコン系塗料の塗料です。
しかし、人気のある塗料だからといってすぐに決めずに、シリコン系塗料の中でさらにどういった塗料なのかもしっかりと目を通すようにしましょう。

池田塗研では、無料診断も行っています。

また、専門的な知識と技術のある資格を習得した自社職人による外壁塗装はもちろんのこと、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

外壁塗装をお考えの際には、ぜひ池田塗研にご相談下さい。