家の外壁が剥がれている!そんな時におすすめしたい機能性塗料

「家の外壁が剥がれてしまっていた!」
「知らないうちに家の外壁にカビが生えてしまっていた!」
など、家の外壁のトラブルは気がつきにくいですよね。

多くの方は、家の中で生活している時間がほとんどであるため、外壁の状態を把握していなくても当然です。
しかし、気がついたタイミングでしっかりと外壁塗装を行わないと雨漏りなどのトラブルに繋がることもあるのです。

ご自宅を美しく塗装するためや、様々なトラブルを防ぐために、外壁塗装を考える方もいらっしゃると思います。外壁塗
装では、どのような塗料を使うべきかご存知でしょうか?

意外と知られていませんが、現代の外壁塗装では機能性塗料と呼ばれる塗料がよく使用されています。
そこで今回は、意外に知られていない「機能性塗料」についてご紹介します。


○光触媒塗料
光触媒塗料は、外壁を守ることや住宅の美観を守ること、地球環境に配慮していることが特徴です。

従来の塗料は、外壁を守ることと住宅の美観を守ることが特徴でした。
光触媒塗料はさらに地球環境にも配慮しているのです。光触媒塗料の太陽の光に当たることで、空気を浄化し、塗膜の汚れを浮かす効果があります。

浮いた汚れは雨や風によって流れ落ちるため、特に掃除をしなくても綺麗になります。
しかし、日当りが悪い所であると、本来の効果が得られない場合もありますので注意しましょう。

光触媒塗料は従来の塗料に比べて、耐久性も大幅に上昇しているため、従来の塗料よりもさらに画期的な塗料であるといえます。


○遮熱塗料
遮熱塗料は、太陽の光を反射させることが特徴です。
主に、屋根に使用されることが多い塗料です。
屋根は、直射日光や雨、風の影響を最も受けるため、外壁の中でも最も劣化が進みやすい場所だと言われています。

また、外壁よりもダメージが深刻になりやすく、屋根のトラブルは雨漏りに直結します。
遮熱塗料は風や雨への耐久性がとても高く、太陽からの熱によるダメージを防ぐ効果もあります。
そのため、壁だけではなく屋根の塗料として人気のある塗料なのです。


○断熱塗料
断熱塗料と聞くと、熱を断つ塗料だと思われがちですが、実は熱をコントロールすることが特徴です。
断熱塗料を使うメリットは、住宅内を適切な温度にコントロールし、快適な生活を送ることができるということです。

つまり、夏場は涼しく、冬場は温かくなるように熱をコントロールいます。
私たちが生活する日本には四季があり、季節毎の気温差が大きいですよね。
そのため、環境に対応することができる断熱塗料がたいへん人気となっています。


今回は、意外と知られていない「機能性塗料」をいくつかご紹介しました。
他にも機能性塗料は、防水や防カビ、セルフクリーニングなど様々な種類のものがあります。
ご自身の希望にそった、ベストな塗料を選び、外壁塗装によって、より快適な生活を送りましょう。