技術力が高い外壁塗装業者の見分け方のポイント3選!

外壁塗装は、家の見た目を取り戻すためだけでなく、家の安全性を高めるための重要なメンテナンスです。
しかし、外壁塗装には数十万円から数百万円と高い費用がかかります。
これだけのお金がかかるのですから、外壁塗装では失敗なんかできませんよね。

そのため、外壁塗装において技術力のある塗装業者を見分けることは非常に重要なのです。
今回は、技術力が高い塗装業者の見分け方を3つのポイントにまとめてご紹介します。

○塗装業界はトラブル頻発!?
実は、塗装業界では技術力の低い業者によるトラブルが多く発生しています。
もし、技術力の低い業者に外壁塗装を依頼してしまうと、仕上がりが悪かったり、手抜き工事をされたりすることがあります。

手抜き工事は、工事後数年経ってからその影響が表れることが多いです。
これらのトラブルが発生する原因は、塗装業界では特別な資格なしで開業ができるからです。
そのため悪徳業者が多く、不当に高い金額を請求されるケースも少なくないのです。

このように、技術力が高く安心して依頼できる塗装業者を見分けることは非常に重要なのです。

○技術力の高い塗装業者の見分け方
・ポイント1:資格の有無
先ほど、塗装業界では特別な資格が必要なく開業できるとお話しましたが、一定期間塗装業を続けていると、塗装技能士という資格を受けられます。

塗装技能士には、3級から1級まであり、それぞれ試験があります。
この試験に合格すれば、塗装技能士という資格を取得できます。
つまり、塗装技能士を取得している業者は一定期間の塗装経験があり試験に合格しているため、技術力が高いと見分けられます。

・ポイント2:許可証の有無
先ほどの塗装技能士と同じように、一定期間の塗装経験があれば取得できる許可証があります。
建築許可証と呼ばれる許可証は、塗装経験の長さだけでなく事業の安定性や不正の有無が調べられます。
そのため、建築許可証を取得している業者は技術力が高いだけでなく、信頼もできる業者だと言えるでしょう。

・ポイント3:アフターフォローの有無
塗装業界では、アフターフォローをすることが義務づけられていません。
しかし、いくら技術力が高い業者に依頼しても、施工にミスがある場合もあります。
塗装のミスによる劣化が外壁に表れたとき、アフターフォローが充実している業者であればすぐに対応してくれるでしょう。

アフターフォローを重視している業者は、それだけ自社の技術に自信を持っている表れでもあります。
自社の技術に自信を持っているからこそ、万が一のときに対応できるようにアフターフォローを重視しているのでしょう。

○最後に
今回は、技術力の高い外壁塗装業者の見分け方についてご紹介しました。
外壁塗装はマイホームにより長く快適に住み続けるための必要なメンテナンスです。
そのため、今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえて、技術力が高く安心でき優良業者を見分けましょう。