外壁塗装をお考えの方必見!コーキングについてご説明します!

外壁塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのがコーキングです。
コーキングは、外壁の品質を長持ちさせるために非常に重要な工事です。
今回は、コーキングについて詳しくご紹介していきます。

□コーキングをご紹介!

コーキングに関する知識をお持ちの方は、恐らく少数でしょう。
コーキングはどのような施工がされるのか、また、どんな役割があるのかなどをご説明します。

コーキングとは、窓のサッシの周りやお風呂の壁などの溝にコーキング材を注入して、継ぎ目や隙間を埋める工事のことです。
戸建ての住宅の外壁に使われているサイディングボードやALCパネルなどの目地部分にあるゴム状のものがコーキング部分です。

コーキング工事は、ひび割れを起こしている箇所の補修や室内に雨などが浸入しないように隙間を埋める役割があります。
基本的に、外壁にサイディングボードやALCパネルが使われている場合は、コーキング工事が必須となります。

また、コーキングではなくシーリングという用語を使われる業者もあります。
しかし、外壁塗装においてはどちらも継ぎ目やすきまを埋める工事のことを言うので、特に気にしなくて大丈夫です。

□コーキング部分に見られる劣化症状についてご紹介!

コーキング部分の傷みや劣化を放置すると壁の内部に水が漏れ、カビやコケ、ひび割れの原因となります。

傷みや劣化で特に多いのが経年劣化です。
紫外線や風雨などの影響を直接受けるため、表面から徐々に劣化が始まり最終的に継ぎ目の中央部分に大きな亀裂が発生します。
また、圧力や振動による負荷が積み重なってひび割れを起こしたり、縮んで外壁材との間に隙間ができたりする場合もあります。
これらの症状を発見した時は、迅速に業者にメンテナンスを依頼しましょう。

経年劣化による耐久性の低下は、周辺の立地条件やコーキング材の種類、コーキング部分に塗装が施されているかなどで多少異なります。
あくまで目安ですが、コーキング材の交換は施工後5〜10年の間に検討することをお勧めします。

施工不良による不具合もあります。
コーキング材が正しく施工されていない場合、耐用年数よりも早く劣化が始まってしまいます。
例えば、下塗り塗料であるプライマーの塗布が不十分な状態でコーキング材を注入すると、外壁材の間に剥離が生じていまい、コーキング材の劣化が早まる恐れがあります。
他にもコーキングの下地の施工が良くなかったり、使用したコーキング材が適切でなかったりした場合は、同様に劣化が早まる恐れがあります。

塗装をお願いする業者が、適切に施工できる技術とノウハウを持っているか、依頼前にしっかり確認しておきましょう。

□まとめ

本記事では、コーキングについてご紹介しました。
水漏れやひび割れが悪化する前に、劣化症状を見つけたらすぐに業者の方に連絡しましょう。
塗装工事に関するご依頼やご相談は、当社までお気軽にご連絡ください。