外壁塗装をお考えの方へ!信頼できる営業員の特徴をご紹介!

外壁塗装を考えていると最も気がかりなのは「信頼できる営業員もしくは塗装会社なのか」という所だと思います。
信頼は、外壁塗装を成功させるためにも大切な判断材料ですよね。
そこで今回は、信頼できる営業員の特徴をご紹介します。

□信用できる外壁塗装の営業員の見極め方をご紹介!

1つ目は、資格を持っている営業員であることです。
渡された名刺に「雨漏り診断士」「外壁劣化診断士」と記載があったら、専門的知識が豊富な資格保有者であり、信頼できると判断して良いでしょう。
しかし、本当に保有しているのか不安な場合は、直接資格についての説明を求めてみてください。
信頼できる営業員であれば、分かりやすく説明してくれます。

2つ目は、劣化箇所について分かりやすく説明してくれる営業員であることです。
知識が豊富な営業員は、工事の必要性のみを訴えてくることはありません。
劣化場所、劣化の症状、対処法を明確に説明してくれます。
何か不明点があれば質問してみることをおすすめします。

3つ目は、家の劣化状況に合わせた提案をする営業員であることです。
極端に安い値段だと足場を少なくしていたり、質の低い塗料を使用していたりするなど、不当に費用を削られている可能性があります。
家の劣化状況に合わせて適切な提案をする営業員を信用するようにしましょう。

□こんな営業トークには注意してください!

1つ目は、やたらと不安を煽ってくるトークです。
「今、外壁塗装しておかないと家が腐っていきますよ」というような、根拠のない理由でただ不安を煽ってくる営業員にはご注意ください。

この場合は、営業員が帰った後にご自身で外壁の傷を確認してみましょう。
0.3ミリメートル以内の傷であれば、今すぐに工事は必要ありません。

2つ目は、とにかく契約するように急かしてくるトークです。
外壁塗装は決して安い買い物ではなく、すぐに決断するのは難しいですよね。
「今日ご契約いただければ特別にお安くいたします」などと契約を急かしてくる営業員は、避けた方が賢明だと言えます。

3つ目は、大幅な値下げを謳うトークです。
どんなことであれ出費は抑えたいものですが、大きな値下げをされる場合は慎重に検討することをおすすめします。
そこまで値引きできるなら、最初の値段の正当性がなくなってしまいますよね。
この場合、値引き後の値段が本来の一般的な価格であることが考えられるので、信用しない方が良いでしょう。

4つ目は、モニターを勧めてくるトークです。
外壁塗装の場合、「営業活動の一環として販売促進にご協力していただくことになるので、お安く提供させていただきます」と言って掲示されるモニター価格は、一般的な相場とそこまで変わらないケースがほとんどです。
元の値段が不当に高いことが考えられるのでご注意ください。

□まとめ

今回は、外壁塗装をお考えの方に向けて、信頼できる営業員の特徴をご紹介しました。
この記事を参考に見極めていきましょう。
当社では、資格保有者による無料診断を行っております。
外壁塗装をお考えでしたら、ぜひ当社をご検討ください。