外壁塗装をお考えの方へ!メンテナンスを行うべきタイミングとは?

この記事をご覧の方で、メンテナンスをいつ依頼すれば良いか分からないという方は多数いらっしゃるでしょう。
今回は、メンテナンスを依頼する時期について、参考になる情報をご紹介します。

□外壁メンテナンスのタイミングは10年?

外壁のメンテナンスは約10年と言われています。
その理由についてご説明します。

それは、外壁塗装で使用されるウレタン系やシリコン系の塗料の耐久性が約10年であるためです。
フッ素系塗料は、耐用年数が15〜20年と言われているため、10年が経っても特に問題がない場合があります。
しかし、ウレタン系やシリコン系の塗料は、10年を過ぎると耐久性や防水性が低下していきます。
その結果、雨漏りや塗料の剥がれなどの劣化が生じてしまいます。

□メンテナンスをお知らせする劣化のサインをご紹介!

次にメンテナンスを検討する際の劣化のサインについてご紹介します。

外壁の傷みや劣化は、ほとんどが外壁の経年劣化です。
新しく塗ってから1~2年程経つと、紫外線や雨風によって塗膜がダメージを受け、変色が生じます。
特に日の当たる南面や西面は、色あせが起こりやすいため定期的に確認した方が良いでしょう。

5〜6年程でチョーキング現象、6〜7年後にカビやコケが発生し始めます。
チョーキング現象は、外壁を触った時に粉が手に付着する現象です。
カビやコケは湿った部分に発生する性質があります。
壁にカビやコケが発生しているのは、塗膜の防水性の効果が低下しているサインと言えます。

さらに8〜9年後になると、外壁やコーキング部分にひび割れが発生し、10年経つ頃には剥離が起こってきます。
ひび割れや剥離によって内部に雨水やゴミが侵入しやすくなるので、外壁内部の劣化が生じる恐れがあります。
このように、ひび割れや剥離はかなり劣化が進行している合図なので、見つけた際は早急に外壁塗装を依頼した方が良いでしょう。

一般的に年数が経つほど劣化も重症になるため、工事費用も高くなります。
どの症状の時に外壁塗装を依頼するかあらかじめ決めておくのも良いでしょう。
劣化が見られる時期について大まかな目安を提示しましたが、住んでいる地域の環境や施工不良の場合は、お伝えした時期より早く劣化症状が見られます。
工事の規模が大きくなって余計に出費することにならないためにも、定期的なチェックが非常に大切です。 

□まとめ

本記事では、メンテナンスを行う時期や劣化症状についてお伝えしました。
今回お伝えした情報は、あくまで目安です。
天候や自然災害の有無等で時期は変わり得るので、可能な限り定期的に外壁を見回して目立つ劣化がないかチェックしてください。
外壁塗装のご依頼の際は、お気軽にお問い合わせください。