外壁塗装をお考えの方へ!光触媒塗料をご存知ですか?

皆さんは光触媒塗料をご存知でしょうか。
光触媒塗料にはメリットがある一方でデメリットもあります。
そこで今回は、光触媒塗料について詳しく解説しますので、ぜひご参考ください。

□外壁塗装に使われる光触媒塗料とは?

光触媒塗料とは、酸化チタンを利用して光触媒技術を応用した塗料です。
光触媒は光を利用して化学反応を促進する働きがあります。
酸化チタンに光が当たり、酸素や水分と反応することで有機有害物質を水と二酸化炭素へと変化させることで無害化します。

つまり、太陽光に当たることで汚れを分解し、雨が降ることで汚れを落とせます。
酸化チタンは食品や化粧品の着色料としても使用されているため、身体への悪影響はなく安心してお使い頂けます。

□光触媒塗料のメリットとデメリットをご紹介!

*光触媒塗料のメリット

1つ目は、耐久性が高いことです。
溜まった汚れは塗装の劣化を促進させますが、光触媒塗料は自動的に汚れを落とすため塗り直しのメンテナンスを軽減できます。

2つ目は、防汚性が高いことです。
外壁は雨や風に当たるため汚れやすいですが、光触媒塗料であれば自動的に汚れを落とせます。
加えて、防カビ効果や除菌効果も期待できます。

3つ目は、空気清浄効果があることです。
光触媒塗料は、家周辺の空気を綺麗にするため環境にも優しいです。

*光触媒塗料のデメリット

1つ目は、他の塗料よりも比較的初期費用が高いことです。
ただし、光触媒塗料を使うことで耐用年数が伸びるため、長期的に考えるとリーズナブルでしょう。

2つ目は、落とせない汚れもあることです。
光触媒塗料でも大きな汚れは完璧に落せません。
加えて、酸化チタンは有機有害物質を分解するため、土埃やサビいった無機質な汚れは対象外です。

3つ目は、状況によって光触媒塗料の効果が発揮されないことです。
雨や太陽光によって効果が得られる一方で、雨や太陽光に当たらない場所での汚れは落せません。

4つ目は、塗膜がひび割れしやすいことです。
塗膜とは、外壁に塗料を塗ることで作られる膜のことです。
光触媒塗料は、塗膜が固くなりやすいためひび割れする可能性もあります。

5つ目は、色の種類が少ないことです。
酸化チタンは白色であるため色の種類は少なくなります。
そのため、濃い色をお求めの方は注意が必要です。

6つ目は、光触媒塗料が屋根に対応していないことです。
屋根用の光触媒塗料は販売されていないため、それぞれの耐久年数の違いからメンテナンス時期も異なります。
塗装工事するタイミングに差が生じ、塗装工事を別々に行うことで費用総額が高くなることもあるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、光触媒塗料のメリットやデメリットについて解説しました。
当社は、建物やお客様に最適な塗料を提供しております。
外壁塗装でお困りの方はお気軽にお問合せください。