外壁塗装のやり直しはできるのか?やり直し方法について解説します

「もし外壁塗装をして、満足のいく仕上がりにならなかったらやり直せるのか」
外壁塗装をお考えで、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、外壁塗装のやり直し方法についてご紹介します。
ぜひ、外壁塗装をする際の参考にしてみてください。


□やり直しが可能な状態とは?

やり直しをしたいが、できるのかどうか不安な方はいらっしゃいませんか。
ここでは、やり直しが可能な状態について3つご紹介します。

まず1つ目は、塗りムラがある場合です。
外壁塗装はローラーを使って手作業で行われますよね。
しかし、均一に塗れていない箇所があり、塗りムラができる可能性があります。

2つ目は、塗り忘れがある場合です。
塗り忘れがあると、住宅を保護する役割を果たせないですよね。
塗装業者は、塗り終えた後に確認をしますが、塗り忘れている箇所があるかもしれません。

3つ目は、剥がれがあることです。
外壁塗装をしてもらったが、一部が剥がれることもあります。
剥がれる原因として、下塗り剤と塗料の選択や配合を誤った可能性があります。
下塗り剤と塗料には相性があるため、相性の良いものを選びましょう。


□外壁塗装のやり直しをお考えの方へ!

やり直しをお考えの方は、早めに塗装業者に相談しましょう。
また、塗装工事で使った足場が残っている場合は、やり直しをしてもらえる可能性が高いでしょう。
塗装業者に相談するタイミングが早い場合と遅い場合とでは、できる作業や対応が変わるかもしれません。
そのため、やり直しを少しでも考えている方は早めに相談すると良いですね。

また、やり直しを依頼する場合は、まず保証書を確認しましょう。
そうすることで、塗り直しをしてもらいたい箇所が保証対象であるかをチェックできます。
保証対象であれば、スムーズに対応してもらえるでしょう。

さらに、アフターケアについても確認しましょう。
具体的にどのようなアフターケアをしているのかを知ることで、不具合が起きた場合に対応してもらえるでしょう。

当社では、診断書とご提案書を作成し、お客様にお渡ししています。
また、保証は最長で10年であるため、安心してご依頼していただけます。
作業に関しても経験豊富な職人が丁寧に行いますので、ご安心ください。


□まとめ

この記事では、外壁塗装のやり直し方法についてご紹介しました。
塗りムラがあることや塗り忘れがあること、剥がれている場合はやり直しが可能です。
やり直しを相談する前に、保証書やアフターケアについて確認することが重要です。
外壁塗装をお考えの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。