外壁塗装の診断についてメリットをご紹介します!

この記事をご覧の皆様は、外壁塗装をする前になぜ診断をする必要があるのか疑問に思われているでしょう。
今回は、外壁塗装を知らせる劣化のサインと、住まいの診断が外壁塗装を行う上でいかに大切かご説明します。

□外壁塗装を知らせる劣化のサインをご紹介!

外壁にどのような症状が現れた時に塗り替えが必要なのでしょうか。
外壁塗装を知らせる劣化のサインを5つご紹介します。

1つ目は、外壁の色褪せです。
外壁は、紫外線などの影響で色褪せが発生します。
色褪せは塗膜劣化が始まっている証拠なので、塗り替えを検討し始めると良いでしょう。

2つ目は、外壁を触った時に粉が手に付着するチョーキング現象です。
チョーキング現象は、紫外線や風雨などの影響で塗装の表面が劣化して起こります。
放置していると、外壁のひび割れやカビの発生にまで発展する恐れがあるので注意しましょう。

3つ目は、塗膜が膨れたり剥がれたりしている場合です。
塗膜が膨れたり剥がれたりしてしまうと、隙間にゴミや雨水が外壁内部に浸入してしまいひび割れ等が発生します。

4つ目は、ひび割れです。
ひび割れは、雨水の浸入やカビの発生、住宅の強度低下といった問題を引き起こす可能性があります。
ひび割れの幅が0.3mm以下だとヘアークラック、0.3mm以上だと構造クラックと呼ばれ、構造クラックがある場合は早急なメンテナンスが必要となります。

5つ目は、シーリング材の劣化です。
サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りに見られるゴム状のものがシーリング材です。
シーリング部分に亀裂が生じていると、目地部分から雨水が浸入してしまいます。

これらの症状はそれぞれ劣化進行度は異なりますが、全て塗り替えのサインとして有効なので、見つけた際は業者へ連絡することをお勧めします。

□塗装前の診断が大切な理由とは?

一般的に外壁塗装をする前に、住まいの診断を受ける必要があります。
住まいの診断では、外壁にひび割れがないか、色褪せがどれほど進行しているか、雨漏りが発生していないか、などをチェックします。
そして、診断結果を参考に補修工事が必要かどうか、必要であれば補修工事のタイミングや内容、見積額を決め、今後の塗装メンテナンス計画などを考えていきます。
診断を行わないとこれらが適切に決められないので、外壁塗装を行う上で診断が非常に重要なのです。

□まとめ

本記事では、外壁塗装前の診断についてご紹介しました。
住まいの劣化や雨漏り等が気になっている方にも、診断を受けることをお勧めします。
外壁塗装や住まいの診断を依頼しようか迷っている方は、当社までお問い合わせください。