外壁塗装の色選びのお困りの方へ!面積効果について詳しく解説します!

「外壁塗装の色選びについて知りたい」「面積効果について知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
そこで今回は、外壁塗装の色選びと面積効果について紹介します。

□面積効果とは

同じ色でも、面積が大きくなると色が明るく見える現象です。
色が明るく見えるだけでなく、違う色に見えることもあります。
外壁塗装する際に、施工会社の色見本帳を参考にすると、外壁の色が異なって見えるので注意しましょう。

また、近くで色を見るときと、遠くで色を見るときで色の雰囲気が異なります。
色味に関しても、明るい色の場合は大きな面積になるほど明るく見えます。
反対に、暗い色の場合は、大きな面積になると暗く見えます。

色のイメージや明るさによって、マイホームの印象が大きく変わるので、外壁の色選びを失敗しないようにしましょう。
目の錯覚による現象ですが、面積効果について知ることは大切です。

□面積効果に考慮した色選びとは

面積効果を考慮した色選びのポイントは主に3つあります。
1つ目は、ワントーン明るい色、暗い色を選択することです。
外壁塗装する際に、施工会社の方が提示した色見本帳を参考にします。

しかし、外壁と色見本帳の大きさは異なります。
そのため、自分たちが選んだ色と、塗装後の色が異なることがほとんどです。

自分たちのイメージ通りに仕上がらないことがあるので注意しましょう。
色の彩度によって、イメージより明るく仕上がったという印象を受ける方がいます。
将来も住み続けるマイホームで、失敗しない色選びをするために、面積効果や色選びの注意点について知ることは非常に重要です。

2つ目は、A4サイズの色見本帳で確認することです。
外壁塗装会社の方が提示する色見本帳は、1センチ×4センチ、3センチ×7センチの非常に小さいものです。
小さい見本であるほど、実際のイメージがわきにくいです。

外壁面積くらい大きな見本帳を見ることはできませんが、外壁塗装会社の方に依頼すると、A4サイズの見本帳を作成してくれます。
A4サイズの色見本帳の作成には、約1週間から10日かかります。
事前に会社の方に伝えておくことで、工事の日程や色選びがスムーズに行えます。

3つ目は、実際に建物をみて色合いを確認することです。
色合いを確認することでイメージ通りになることがあります。
また、外壁塗装会社の方に色合いについて質問することは大切です。
実際に塗装した建物を案内してくれる場合があるので、専門家の方に聞いてみましょう。

□まとめ

今回は、面積効果と外壁塗装の色選びについて紹介しました。
面積効果について知ることは、外壁塗装を失敗しないために非常に重要です。
面積効果や外壁塗装の色選びに関してお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。