外壁塗装の吹き付けという塗装方法の種類についてご紹介します!

外壁塗装をご検討されている方は、吹き付け塗装という塗装方法をご存じでしょうか。
どのような塗装方法かご存じでない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、そのような方に向けて吹き付け塗装とはどのような塗装方法であるか、メリットとデメリットについてご紹介します。

□吹き付け塗装とは

まずは、吹き付け塗装とはどのような塗装方法であるかをご紹介します。

吹き付け塗装とは、専用の機械を用いて霧状にした塗料を、外壁に吹き付けて塗装する方法です。
吹き付け塗装の特徴は、独特の意匠性を表現できることです。
吹き付け塗装では、もちろん普通に塗装することも可能です。

しかし、吹き付け塗装は現在ではあまり利用されていません。
理由としては、2つのことが挙げられます。

1つ目は、サイディング外壁が主流となっているためです。
近年では、モルタル外壁に替わって、サイディング外壁を採用される方が多いです。
そのため、吹き付け塗装の施工数も減少しています。

2つ目は、塗料が飛散するというデメリットがあるためです。
吹き付け塗装では、霧状の塗料を噴射するため、飛散する可能性が非常に高いです。
塗料が飛散しないように外壁塗装会社も万全の養生を行いますが、風などによって思いがけない方向へ飛んでしまう可能性があります。

□メリットとデメリットについて

次に、メリットとデメリットについてご紹介します。

*メリットについて

まずは、メリットについてご紹介します。
本記事では2つのメリットをご紹介します。

1つ目は、仕上がりにムラができにくいことです。
一定の間隔で塗料が噴射されるため、ムラができにくく、綺麗な仕上がりになります。

2つ目は、工期短縮になることです。
一度に広範囲の塗装が可能であるため、塗装面積が多い場合はかなりの時間短縮になります。

*デメリットについて

次に、デメリットについてご紹介します。
本記事では2つのデメリットをご紹介します。

1つ目は、作業音がうるさいことです。
吹き付け塗装では、エアガンやスプレーガンを使用するため、騒音が発生してしまいます。

2つ目は、塗料の無駄が多いことです。
上記でもご紹介したとおり、塗料が飛散するためその分無駄が多くなってしまいます。

□まとめ

本記事では、吹き付け塗装とはどのような塗装方法であるか、そのメリットとデメリットについてご紹介しました。
吹き付け塗装をご検討されている方は、ぜひ参考にしてください。
当社は外壁塗装の施工を承っておりますので、お気軽にご相談ください。