外壁塗装の部分補修について塗装のプロがご説明します!

外壁塗装に部分塗装という方法があります。
今回は、部分塗装がどういった塗装方法なのか、特徴やメリット、デメリットと共にご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□部分塗装と全面塗装の違いとは?

部分塗装と全面塗装の違いについてご説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

まず、部分塗装では外壁全体の劣化は防げないことが前提です。
部分塗装は、外壁で日が当たりやすい部分や家の構造などの関係で劣化しやすい部分のみを補修するため、外壁全体に劣化が見られる場合には不向きと言えます。
ひび割れがある場合は、小さいものでも外壁内部に雨水が浸入してしまうので、全面塗装がお勧めです。

また、部分塗装は劣化している部分のみ塗装するので、全面塗装に比べ費用を抑えられます。
しかし、足場が必要な場合や部分塗装後近い内に全面塗装を行う場合は、始めから全面塗装を依頼した方が結果的に安く済む場合が多いです。

□部分塗装における注意点をご紹介!

部分塗装における注意点を2つご紹介するので、本当に部分塗装をするか検討する際に参考にしてください。

1つ目は、総合的に費用が高くなってしまう点です。
外壁塗装の工事では、基本的に足場の設置が必要です。
この足場の組み立てや分解にも数十万円必要になります。
また今度塗り替えを行う予定なのに、別に劣化している部分だけ部分塗装をお願いすると、足場の組み立てにかかる費用が重複してしまい、余計な出費になるので注意が必要です。

2つ目は、DIYをお勧めできない点です。
先ほど、業者に部分塗装を依頼すると費用が高くなるとお伝えしました。
そこで、「DIYで補修しよう」とお考えになった方も少なからずいらっしゃるでしょう。
しかし、DIYはお勧めできません。

部分塗装は、基本的に劣化が見られる部分に補修をして、その上に塗装を施します。
部分的な塗装は、プロからしても周りの色に合わせるのが非常に難しく、仕上がりにムラができてしまうので、素人が塗装するのはさらに困難でしょう。

また、補修が適切に行われていない場合、外壁の劣化が早まり補修部分が増えてしまう可能性もあります。
どうしてもDIYを行いたいという場合は、事前にやり方や必要な道具、塗料などをしっかり調べて行ってください。

□まとめ

今回は、部分塗装についてご説明しました。
基本的には、全面塗装を優先に考えていただければ良いでしょう。
外壁塗装をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。