外壁塗装の挨拶はどこまでするべき?外壁塗装会社がお答えします!

外壁塗装をご検討されている方で、近隣の方への挨拶はどこまでするべきか気になるという方はいらっしゃいませんか。
挨拶回りはしたいが、何を話せばいいのかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方に向けて、本記事では外壁塗装における挨拶についてご紹介します。

□挨拶はなぜ重要なのか

まずは、なぜ近隣の方に挨拶をすることが重要なのかについてご紹介します。

みなさんの中には、そもそも近隣の方へ挨拶をする意味がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、結論として、近隣の方への挨拶は必須と言えます。

外壁塗装の工事では、騒音や塗料の臭い、飛散など近隣の方に迷惑をかける可能性が十分にあります。
朝早くから大きな音で足場の組み立てを行うことに対して、いい気持ちになる人はほとんどいません。
生活リズムがご自身と近隣の方で異なる可能性があり、昼間に工事をするからといって安心をしていると、夜にお仕事をされて昼間に睡眠を取っている近隣の方からクレームを受けることがあります。
近隣の方とのトラブルを未然に防ぐためにも、挨拶をすることは重要であるといえます。

近隣の方への挨拶を業者が行ってくれることが多いですが、可能であればご自身でも挨拶をしましょう。
施主が挨拶に来るのと来ないのとでは印象が大きく異なるため、可能な限りご自身で挨拶をしてください。

□挨拶をする上でのポイントについて

次に、近隣の方に挨拶をする上でのポイントをご紹介します。
本記事では3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、挨拶は向こう三軒両隣まで行うことです。
外壁塗装を行う際は、騒音や飛散などの迷惑をかけてしまう可能性があるすべての範囲の家に行くことが理想です。
しかし、その範囲がわからないという方もいらっしゃると思います。
そのような方は、最低でも向こう三軒両隣には挨拶をしておきましょう。

2つ目は、挨拶はなるべく早めに行うことです。
外壁塗装の工事を行うにあたって、近隣の方の物理的な準備や精神的な準備にも気を配る必要があります。
そのため、具体的には工事が始まる1週間前には伝えておきましょう。

3つ目は、工事内容の詳細について伝えることです。
具体的には、施工期間、施工内容、施工範囲、施工会社の詳細などを伝えることが大切です。

□まとめ

本記事では、近隣の方への挨拶の重要性と、そのポイントについてご紹介しました。
これから工事をされる方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
当社は外壁塗装の施工を承っておりますので、お気軽にご相談ください。