外壁塗装に火災保険が適用される?外壁塗装会社がご紹介します!

火災保険の保険金を利用して外壁塗装が行えることを知っていますか。
知らなかったという方も多くいらっしゃると思います。
本記事では、外壁塗装に火災保険が適用される場合の条件などについてご紹介します。
外壁塗装をご検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

□火災保険の種類について

まずは、火災保険の種類についてご紹介します。
戸建て向けの火災保険には、大きく分けて3種類あります。

1つ目が、住宅火災保険です。
これは、住宅物件用の基本的な火災保険であり、建物への補償と家財への補償の両方、あるいは一方だけへの加入ができます。
具体的には、火災や落雷、ガスによる破裂や爆発、風災によって被った損害を補償してくれます。

2つ目は、住宅総合保険です。
これは、住宅火災保険と比較して補償内容が豊富です。
具体的には、住宅火災保険の補償内容に加えて、飛来物の落下、水漏れ、盗難、水災によって被った損害などを補償してくれます。

3つ目は、オールリスクタイプの保険です。
これは、上記の2つでは補償されていなかった多様なリスクにも対応し、必要な補償を選択できる保険です。

次に、外壁塗装に火災保険が適用される条件についてご紹介します。

結論としては、ご自身が加入している火災保険の補償内容が定める範囲内の損害であれば適用されます。
そのため、住宅火災保険、住宅総合保険、オールリスクタイプの保険のいずれかに加入した状態で、それぞれの保険が定める損害を被った場合にのみ補償を受けられます。

□火災保険を利用する際の注意点について

次に、申請時の注意点についてご紹介します。

1つ目は、被害から3年以内に申請をすることです。
3年以内に申請をしないと適用されない場合があるため、注意してください。

2つ目は、被害状況をそのまま写真に残すことです。
被害箇所を自ら補修してしまうと、火災保険の対象外となってしまう場合があります。
そのため、被害状況を写真として残しつつ、保険会社や専門会社の指示を待ちましょう。

3つ目は、免責金額未満であると申請できないことです。
各保険によって定められている免責金額を満たしていない場合は、火災保険適用の申請ができないため、しっかりと確認しておきましょう。

□まとめ

本記事では、外壁塗装で火災保険が適用される条件や注意点についてご紹介しました。
外壁塗装をご検討されている方は、火災保険が適用できないか確認してみてください。
当社は外壁塗装の施工を承っておりますので、お気軽にご相談ください。