外壁塗装は雨の日でもできる?疑問点を解消いたします!

雨の日の外壁塗装工事について疑問をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
雨の日の外壁塗装工事は、通常の時とは異なり注意する点がいくつかあります。
そこで今回は、雨が降った際の外壁塗装工事への影響と対応方法について解説しますので参考にしてください。

□雨が降った際の外壁塗装工事への影響は?

結論から言いますと、雨が降っている時に外壁塗装工事はできません。
雨の日に外壁塗装工事を受け入れてくれる業者もありますが、不備が見つかっても通常の補償が適用されない場合があります。

同様に、養生や養生はがしもできません。
養生は、塗装工事を行う前に、塗装を行わない箇所を特殊なテープを使用して塗料が飛ばないように防止する工程です。

テープを使用するため雨の日に行うと湿気で接着しません。
また、塗装工事の完了後に行う養生はがしもできません。
理由は、塗料がついた養生をはがす際に、ビニールに付着した塗料カスが飛び散る可能性があるためです。

一方で、塗装はできなくても雨の日にできる作業もあります。

1つ目は高圧洗浄です。
高圧洗浄とは、外壁塗装を行う前に屋根全体の汚れや外壁を水で洗い流す作業です。
激しい雨の場合は、視界が悪くなり足元が見えづらく非常に危険ですので作業を中止する場合もあります。

2つ目は、足場の組み立てと解体工事です。
大雨の時は滑りやすいため、思わぬ落下事故を引き起こす危険性があるため、雨雲が薄く小雨の状態に限定されます。

3つ目は、飛散防止シートの設置です。
足場工事の設置後、塗装工事中に塗料が近隣に飛ばないように飛散防止シートを張る作業も必要です。
基本的には足場工事の段階で行う作業ですので、雨の日にできます。

□雨天時の対応方法とは?

雨の日の場合、業者が作業しているかを確認する必要があります。
理由は、雨が降っても工期を遅らせたくないと考えている業者もいるためです。

雨の日の足場は滑りやすく非常に危険です。
加えて、工事の品質や塗料にも影響がでてくる可能性があるため作業は中断するようにお願いしましょう。

また、業者と、状況や今後の対策について確認する必要があります。
塗料が乾かないうちに雨が降ってきた場合は、雨が止んだ後に塗装面に不具合がないかを自分の目で確認しておきましょう。
雨天がどの程度影響があるのか、疑問点があればすぐに相談することをおすすめします。

□まとめ

今回は、雨が降った際の外壁塗装工事への影響と対応方法について解説しました。
雨の日の外壁塗装工事は危険ですので注意が必要です。
当社は塗装工事も承っておりますのでお気軽にご相談ください。