外壁塗装でオシャレにしたい方へ!サイディングの色を選ぶ際のポイントをご紹介

「外壁塗装をおしゃれに仕上げたい」
「サイディングの色選びのポイントを知りたい」
このように、住宅の外壁をおしゃれに仕上げたいと考えておられる方がいらっしゃると思います。
外壁は、住宅の印象を決める重要なものです。
そこで今回は、サイディングの色を選ぶためのポイントをご紹介します。

□サイディングの色選びのポイントをご紹介

外壁の色の選び方や、色の選択を失敗しないための注意点をご説明します。

*面積効果に気を付ける

色見本で見てイメージした色と違っていた失敗の大きな理由としてあげられるのは、面積効果です。
あまり聞きなれない言葉ですが、色の錯覚です。
全く同じ色の場合でも、小さい面積で見た場合と大きい面積で見た場合とでは、見え方が大きく異なります。

明るい色の場合、面積が広ければ広いほど鮮やかで明るく見えます。
反対に、暗い色の場合、面積が広ければ広いほど暗く見えます。
これが色の錯覚です。
外壁の場合、とても面積が広いので色の見本を見る際に、色の面積効果により仕上がりのイメージが変わることを頭においておくと良いでしょう。

*屋根やドア、サッシとの相性が重要

外壁の色を決定する際は、外壁だけのことを考えてしまいがちです。
しかし、屋根やドア、サッシなどとの相性を考えることがとても重要です。
特に屋根は、他のものと比べて面積が広いため、外壁と同じように印象を大きく左右します。
そのため、質感やデザインが屋根と合うように外壁を選ぶのが良いでしょう。

また、屋根が洋風なのに外壁が和風というようなチグハグなものになってしまうのもまとまりがなく、おしゃれになりません。
全体のバランスを考えて、色や各部位を決定すると良いでしょう。

□ツートンカラーにする場合は比率や同系色を合わせることでおしゃれに!

ツートンカラーの塗装をお考えの方は多いです。
ここでは、ツートンカラーの外壁にするためのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、2色の割合を6対4から7対3の間にすることです。
この割合で施工してもらうのが良いでしょう。
最も自然なバランスに仕上がります。

2つ目は、同系色で組み合わせると失敗しづらくなります。
色での失敗を避けるためには、できるだけ同じような色でまとめるのが良いでしょう。
具体的な例で言うと、白とグレー、グレーと黒、クリームとブラウンでまとめられていることが多いです。

□まとめ

今回は、サイディングの色を選ぶためのポイントをご紹介しました。
今回ご紹介したポイントを参考に外壁を選んでいただければ幸いです。