外壁塗装では近隣トラブルが多発する?近隣トラブルを事前に回避しよう!

みなさんは外壁塗装では近隣トラブルが起きやすいことをご存じでしょうか。
外壁塗装は基本的に外で工事が行われるため、近隣トラブルに発展しやすいです。
本記事では、近隣トラブルの事例と対処法についてご紹介します。

□近隣トラブルの例について

まずは、外壁塗装の際に起きる近隣トラブルの例についてご紹介します。
本記事では、4つのトラブル事例をご紹介します。

1つ目は、塗料が近隣の家や車についてしまうことです。
塗料は液体であるため、風が吹いてしまうと10メートル離れた場所へも簡単に飛んでいってしまいます。
完璧に養生しているように思えても、塗料の飛散を完全に防ぐことはできません。

2つ目は、足場の組み立てなどの音がうるさいことです。
外壁塗装では、足場の組み立てや解体、高圧洗浄をする際に騒音が発生します。
その音は隣の家だけでなく、2軒先まで響くこともあるため、近隣トラブルが起きやすいです。
防音シートで周辺を覆う方法もありますが、費用が高額になってしまうため、一般的な外壁塗装では使用されません。

3つ目は、業者の車が道路を塞いでいることです。
外壁塗装をする際は、業者の車を止める場所を確保する必要があります。
業者の車を止める場所を確保せずに道路に止めるようにお願いをしてしまうと、近隣の方の通行を妨げてしまう可能性があります。

4つ目は、塗料の異臭がすることです。
塗料の中には、かなり臭いの強いものもあるため、臭いに敏感な方がいらっしゃる場合はトラブルに発展してしまう可能性があります。

□近隣トラブルを防ぐためには

次に、近隣トラブルを防ぐための方法をご紹介します。

1つ目は、工事前に挨拶に行くことです。
工事前に、工事期間、工事内容、施工会社の情報、騒音や臭いなどに関して迷惑をかけてしまう可能性があることなどをしっかりと伝えましょう。
全ての方が快諾してくれるとは限りませんが、事前に情報を伝えておくことで理解を得やすいです。

2つ目は、優良業者を選ぶことです。
近隣トラブルを避けるためには、業者の協力も必要不可欠です。
そのため、工事前から工事後まで、十分な配慮やマナーを守ってくれる優良業者に施工を依頼することが重要です。
実績や口コミなどから、優良会社であるか判断しましょう。

□まとめ

本記事では、外壁塗装で起きる近隣トラブルの事例と、その対処法についてご紹介しました。
事前にどのようなトラブルが起きうるのか、そしてその対処法を把握して、トラブルを事前に防ぎましょう。
当社は外壁塗装の施工を承っておりますので、外壁塗装をお考えの方はお気軽にご相談ください。