塗装会社の選び方で見ておきたい価格の話、誤解して契約しないために

塗装につきましては業者に依頼することを検討されることもあるかもしれませんが、どのようなことを選ぶ決め手にされようとお考えですか?
ご存知の通り、塗装をはじめとする住宅のリフォームにかかる費用は決して安くはありませんので、料金面で魅力を感じることも多いものです。

しかし、費用面でトラブルに遭わないためにも、そこで一度立ち止まって、その業者で本当に大丈夫なのかということを考えてみましょう。


◎塗装業者を選ぶコツ、見積書や担当者との話の中でチェックしておきたいポイント
契約書や見積書に書かれている事柄や費用については業者側に悪意があるかどうかは別として、しばしば曖昧な表現がされていることがあり、トラブルを生じさせるものです。

具体的な表現を挙げてどこに気を付けるべきかをお話いたします。

●○○円~・基本料金○○
この文言を見たときに、多くの方は数字に目が行ったのではないかと思います。
○○に入る数字が低いと「安くできるのか!」というインパクトが大きいですよね。

しかしよく考えてみると非常にあいまいな表現ではないでしょうか?
これで分かるのは、最低価格が○○円であるということであって、その工事が○○円で行えることを示しているものではありません。

極端な例を出すと、○○円の何倍もの工事費用を請求されても文句は言えないのです。
基本料金というものは、追加費用が生じる場合によく使われる表現ですので、○○円で済むとは思わない方が無難です。

このような文言があった時には、実際の価格はどのぐらいなのかを尋ね、回答内容やその姿勢がはっきりしているかどうかで信頼できるかを見極めましょう。
文字として起こしておくとも、主張に違いがあったときに証拠として使えますので、できれば明記してもらうと安心です。

●一括料金○○円
塗装には様々な工程があり、それぞれで費用がかかります。
見積書においてしばしば一括料金になっていることがありますので注意しましょう。

「総額で○○円なのか…」と思いがちですが、全ての費用が入っているかどうかは分かりませんので、追加費用の有無も含めてしっかりと確認しておくことが必要です。

●特別価格で!
特に訪問販売においては「大きな割引」や「特別価格」などのフレーズで顧客を引き付けようとしますが、これは価格の相場が曖昧であることも一因となっています。
正確な価格は分かりませんが、明らかに安いところや原価が高いところに気付くためにも、複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりによって比較されることをお勧めいたします。

◎最後に
今回は、塗装の際に行う業者選びに関して、価格面でのトラブルを防ぐために持っておいていただきたい観点をご紹介いたしました。
誤解からトラブルが生じないように、曖昧なところは質問するなどして解消し、そこでの対応なども踏まえて依頼する業者を選ぶようにしましょう。