技術力に長けているのはどの会社?外壁塗装業者の種類と比較のポイント

外壁塗装は自分自身でできないわけではありませんが、業者に依頼するのであれば質の高い技術力に長けた会社を選びたいですよね。
ただ、会社によって技術力には差がありますので、より確かな選択を行っていくことが重要になります。

今回は、その際に参考になることとして、どのような会社があるのかということを、技術面の比較などの観点からお話いたします。

◎外壁塗装を行っているのはどの会社?
外壁塗装を請け負っているのはハウスメーカーやリフォーム会社、塗装専門業者です。

ハウスメーカーは新築住宅の販売を行っていますが、外壁塗装に関しては購入後十年経過した時点で点検や補修の提案がなされるという形です。
リフォーム会社はキッチンや風呂やトイレなどの改修工事を行っており、外壁塗装も住宅の修繕という面でかかわっています。
そして塗装専門業者は、外壁や屋根の修繕工事に特化した業種です。

このうち、ハウスメーカーやリフォーム会社に多い大手と塗装専門業者に多い地元の業者に分けて比較していきます。

◎外壁塗装を依頼するなら大手or地元?
外壁塗装は、業者の技術力がその後の耐久性に影響してきます。
大手企業と地元の工務店について、技術面を中心にいくつかの観点から比較してみましょう。

○技術面
大手企業に関しては、施工実績や事業規模の大きさから信頼できると感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、大手企業の多くは各地の下請け業者と契約して、注文に応じて仕事を割り振るという形式を取っています。
そのため、実際の業者がどのような技術力かということは未知数です。
言い換えますと、技術的に幅がありますので、場合によっては不満が残る結末になる可能性があります。

一方で地元の工務店は基本的にその会社の従業員が施工まで請け負うことになります。
経営者自身も職人であることが多いので、会社の技術がそのまま実際の工事に反映されることになります。
技術を信頼してという観点で業者を選ばれるようでしたら、確実性の高い地元の会社の中で比較するのが良いでしょう。

○費用面
同じ工事をするにしても費用は地元の業者が安いです。
というのも大手企業の多くは各地の下請け業者と契約しているというお話を先ほどいたしましたが、そこでの仲介手数料を取るために、工事費用を上乗せする必要があるためです。

また、全国的に知名度を上げるために宣伝にも力を入れているところが多く、広告費用の回収も必要になるためにさらに価格が上乗せされます。

○保証面
アフターフォローの内容には数年ごとの点検や万一不具合が起こった時の修理対応など様々な種類があります。
そのため一概にどちらが充実しているのかを判断するのは難しいです。

小規模な工務店に比べると大手の企業は倒産しにくいという点では保証を受けられる可能性が高いので安心感はあるかもしれません。
一方で大手に依頼した場合には複数の業者が介しているために、うまく連絡がつかずに対応が遅くなりがちで、この連絡の中でのミスで保証の対象になっていなかったなどのトラブルになる恐れもあることは考慮しておきましょう。

◎最後に
今回は外壁塗装を行う会社の種類をご紹介し、大手と地元の業者を様々な観点で比較しました。
工事そのものは数週間ですがアフターフォローも含めますと長いお付き合いになる関係です。

外壁塗装業者をお選びになる際には、様々な業者を比較することでより信頼できる依頼先を見つけていきましょう。