外壁の剥がれが気になる方へ、塗装で使われる塗料の種類をご紹介

「最近外壁の剥がれが気になっている。何もしないで大丈夫なのかな…」
外壁には塗装が施されており、外壁の剥がれの多くは、塗料が防水性を失って外壁から脱離している状態です。

日々過酷な自然環境にさらされる外壁は見えないところで劣化が進んでおり、塗装が剥がれることでさらに劣化は促進します。

また、湿気や水分が侵入しやすくなりますので、構造部にも良くない影響が出ます。
そのため、なるべく早く塗装を行って外壁を保護することが大切です。

今回は、その外壁の塗装でよく使われている塗料についてご紹介いたします。

◎外壁塗装で使われている塗料の種類

○アクリル塗料
外壁塗装に使われる塗料の古参であり、発売当時はモルタルのひび割れに対応するということで重宝されていました。
耐久年数が短いのが難点ですが、価格自体は最も安いので何度も塗り替えることをお考えであればお勧めです。

○ウレタン塗料
比較的安価に手に入る塗料で、柔らかく密着性に優れているという性質があります。
雨樋などの付帯部の修理や、ちょっとした塗料の剥がれを補修するのに使うことができます。

○シリコン塗料
近年外壁塗装のほとんどの場面で使われてきた塗料です。
主成分のシリコン系樹脂は非常に安定した性質を持っており、耐久性の高さの割にお手頃価格というバランスの良さが人気です。
遮熱機能のあるものや汚れにくいという性能もあるとされています。

○フッ素塗料
外壁塗装で使われている塗料の中では値段が高めですが、耐久年数が最も高い塗料とされています。
工事を頻繁に行うのが難しい場所にお使いになられると良いでしょう。

○ラジカル塗料
数年前から使われている塗料です。
ラジカル塗料には高緻密向きシールド層というものがあり、水や酸素、紫外線が原因で起こるラジカルと呼ばれる塗膜の劣化の発生を抑制する効果があります。
汚れにくく比較的長持ちするという強みもあることから、今後さらに価格が下がると新たな主力になるのではないかと期待されています。

○遮熱塗料
こちらの塗料は太陽からの熱をはじくことで外壁や屋根の表面温度を通常よりも下げるという機能があります。
室内に熱を取り込みにくくなりますので、特に夏の暑さによる室温の上昇を抑制することができ、光熱費を抑えることにもつながります。

◎最後に
今回は、外壁塗装に使われている塗料の種類とその特徴についてご紹介いたしました。
塗装をする際には参考にしていただければと思います。

塗装はご自身で行うことも可能ではありますが、適切な気象条件で行わないと塗料の性能が発揮されなくなります。
また、高所での作業は安定していないと危険ですので、難しいと感じた場合には外壁塗装業者に依頼することをお勧めいたします。