家の壁の塗り替え、タイミングはどの季節が良い?

家の壁の塗り替えを検討する際には、「塗り替えの作業はいつ行っても大丈夫なのだろうか?雨の日は工事をしない方が良いのかな…」などとお悩みになっている方もいらっしゃるかもしれません。

また業者に依頼した時には、どの工程をどの日に行う予定であるかを伝えると思いますが、実際の工事はその予定通りに進まないこともあります。
それは業者が怠けていたからというわけではなく、作業に適した気象条件でなかったからということが多いです。

◎ご存知ですか?塗り替えができる気象条件
壁の塗り替え工事のうち、特に塗装の部分というのはその時の気象条件によって出来栄えが大きく変わってきます。
せっかく質の高い塗料を使ってもわずか数年後に不具合が生じていては、修繕するのに手間も費用も掛かることになり大変ですので、塗装を行える条件として二つ満たしていることが定められています。

その条件の一つは、湿度が85%未満であるということです。
これは塗料や塗膜が水分を含むことによって効果が下がったり薄くなったりする恐れがあるためです。

そしてもう一つは気温が5℃を超えているかということです。
5℃以下の場合、塗料が凍結したり足場が滑りやすくなったりするために原則として作業が禁止されています。
作業ができなくなるとそれだけ工事期間が長引くことがありますので、あらかじめ余裕を持った日程で依頼するのも大切です。

◎塗り替えを行う季節として向いているのは?
上記でご紹介した条件を満たしていれば基本的に行うことができますが、季節ごとに適しているかということも気になると思います。

ここからは、春夏秋冬それぞれで塗装工事が行いやすいかどうかを見ていきましょう。

○春
気温が上がってきますと、作業もしやすいですし塗料の乾きも速くなります。
湿気の少ない時期でもあるので不具合が起こりにくい環境と言えるでしょう。
ただし春は、短期的な降水があることは押さえておきましょう。

○夏
これからやって来る梅雨の季節は一部の地域を除くとまとまった雨の降る日が続く可能性が高く、塗料の乾燥が遅れるだけでなく湿気が含まれて不具合が生じやすい条件なので、あまりお勧めできません。

その後の夏の時期は、塗料の乾燥が早いので急な雷雨に気を付けさえすれば短い期間で行うことができます。
温度が高すぎることで作業をしづらくなるということは押さえておきましょう。
また工事期間中は窓を開けることができませんので、冷房を使用されないお宅にとっては辛いでしょう。

○秋
夏のような猛暑も心配する必要がなくなり、降水も台風さえ避けることができれば安定した気候ですので、塗り替え工事は行いやすいです。

ただし、この時期は人気ですので予約が入りすぎて望みの業者に施工してもらえない可能性もあります。
業者に行ってもらうことをお考えの方は早めに予約をしておくようにしましょう。

○冬
北日本や日本海側の地域につきましては、北西からの季節風による降雪によく見舞われることになりますので、湿気の高い日も多くなります。
また、北に位置するところは寒さも厳しく、氷点下の時間が長い日も少なくないです。
このように塗り替えを行えなくなる可能性が高いので、これらの地域にお住まいであれば避けるのが無難でしょう。

一方で、降水が少なく比較的温暖な地域であれば雨や雪による工事か延びる可能性が低く乾燥しやすい気象条件ですし、かつ夏のように窓の開閉も心配することなく、秋のように繁忙期でもありませんので、依頼は行いやすいと考えられます。

◎最後に
今回は、塗り替えができる気象条件と季節ごとのおすすめ度合いをお話しいたしました。
壁の塗り替えを検討する際には参考にしていただければと思います。