外壁塗装をする予定の方必見!塗装会社の選び方を知ろう

みなさんは、自宅の外壁の剥がれや汚れが気になったことはありませんか。

外壁塗装の耐用年数は塗料の種類にもによりますが、大体10年目ぐらいから塗り替えの時期を迎えるようになります。

しかし、外壁塗装の塗り替えを考える際にどんな方でも少しはお悩みになるのが、塗り替えを依頼する業者の選び方です。

費用も決して安くない外壁塗装なので失敗したくないからこそ、みなさん業者選びには慎重になることでしょう。

そこで、今回この記事では外壁塗装の塗り替えを依頼する際の業者選びのポイントについて紹介したいと思います。


◆依頼しようとしている業者をしっかりと理解する
塗装業者もいくつかの種類に分類することができます。

例えば、基本的に自分のお店は持っておらず、飛び込み営業をかけて外壁塗装を請け負っているブローカータイプの塗装業者もあれば、タウンページや地方紙を見ると載っている、地元にある塗装業者のようなタイプもあります。

ここで、自分の調べている業者のタイプがどんなタイプなのかをしっかりと把握する必要があります。

例えば、ブローカータイプのような業者であれば、自社で職人がいないので仲介手数料として必要以上に費用が必要になります。

また、自社職人を持っていない業者であれば、相談や見積もりをしてくれた人がどんなに良くても実際に塗装を行う人はその人とは関係ない人なので、本当に見積もり通りにやってくれるのか疑問が残ります。


◆割引きや価格の安さといった価格だけで決めない
価格も外壁塗装を依頼する際にはしっかりと気にしなければならない部分です。

しかし、価格面だけでなく、その業者が実績もあり、信頼もでき、しっかりとお客様の目線に立って相談やサポートをしてくれる業者なのか必ずチェックしましょう。


◆見積もりを複数の業者にしてもらう
外壁塗装の費用の面が心配の方には、この方法が一番良いでしょう。

複数の見積書があれば、同じ項目について比較することができるので、どの業者が安く請け負えるのかも一目で分かります。

また、複数の見積書を比較することができれば、価格やサービスの面でこの業者怪しいなと思えるような業者も見えてくるようになります。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁塗装業者の選び方についてお話ししてきました。

池田塗研では、専門的な知識と技術のある資格を習得した自社職人による外壁塗装はもちろんのこと、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

また、当社では、無料診断も行っていますので、外壁塗装をお考えの際にはぜひご相談下さい。