外壁塗装の覚えておくべき3つの塗装方法について徹底解説!

「外壁塗装を始めて以来するけど、予め何かしらの知識は身に着けておきたい」という方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装の一般知識としては
・塗料について
・塗装方法について
・外壁材について
の3つを知っておけば大体のことは把握できますよ。
そこで今回は塗装方法についてをご紹介していきます。

■3つの種類
外壁塗装は外壁材や塗装道具などで方法が異なりますが、塗装方法それぞれのメリットやデメリットを知ることで実際に職人に作業してもらっているときにどのようなことが行われているかを理解することができます。それでは見ていきましょう!

・刷毛工法
刷毛は小さい筆のようなもので、細かい部分を塗装するときに使うものです。

メリット:塗料の飛び散りがほとんどないことです。塗る物の場所や形状が限定されず、昔ながらの伝統的な塗装業者はこの「刷毛塗り」の仕上げにこだわっているところも多くあります。熟練した職人さんの場合かなり綺麗に仕上げることができます。

デメリット:何より時間が掛かることがデメリットでしょう。後で紹介するローラー塗りに比べて倍近い時間が掛かることもあります。平らで面積が広い外壁の場合は非効率でしょう。工期が長ければその分費用がかかるので他の工法との併用をオススメします。また、職人さんの技量が低いと、汚く仕上がってしまいます。

・ローラー塗り
耐水性のある硬い紙や、合成樹脂の円筒に羊や動物の毛や合成繊維を巻き付けた筒状のローラーの事です。ローラーには様々な種類があり、用途によって使い分けます。

メリット:メリットは刷毛の作業に比べると半分の時間で広い範囲を塗装できるところです。また、塗料の飛び散りも少ないので、狭い場所や汚したくないものが多くあるところにこの工法が向いています。また、良いローラーで塗装すると気泡がでず、塗料の含みが良いので仕上がりが綺麗です。

デメリット:メリットでもあったように、道具の優劣がそのまま塗装のクオリティに直結してしまう点です。劣化しているローラーを使うと、表面の毛が抜けたり毛羽だって気泡が入ったりしてしまうこともあります。塗料がしっかりと含まれていない場合作業中に飛び散ってしまうこともあります。

・吹き付け工法
スプレーガンという塗料を噴射できる機械に入れて塗装する方法です。

メリット:スプレーで塗料を吹き付けるので凸凹の形状が立体感を出し、重厚な雰囲気に仕上げることができます。また、補修の際にも適していて作業跡が分かりづらく、仕上がった状態を長く保つことができます。

デメリット:塗料の飛び散りが多いためロスが出てしまう事です。また養生などの作業が必要なのでそこもデメリットとなります。

いかがでしたか。
外壁塗装を依頼する際は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。