外壁を塗装し直すタイミングはいつ?こんな症状が出ていたら要注意!

外壁塗装をどんなタイミングですればいいのかお悩みではありませんか?
外壁の耐久年数、外壁材や塗料の種類にもよりますが、おおよそ10年ほどで塗り替え時だと言われています。
しかし、実際には10年経っていないのに既に塗装が必要な場合もあります。

そこで、今回は、外壁塗装のタイミングを見極めるための、外壁の劣化症状を4つご紹介いたします
ご自宅の外壁にこのような症状が出ていたら危険かもしれません!
外壁の塗り直しをご検討ください。


■症状1:ひび割れ
ひび割れは、わかりやすい症状である一方、見逃されやすいものでもあります。
小さいひびだと、この程度なら大丈夫かと放置してしまうことがありますが、油断大敵です。
小さいひびであっても、そこから水分や湿気が侵入して建物内部までダメージを与えてしまうのです。

どんな外壁でも注意しなければなりませんが、モルタル壁はよくひび割れが発生してしまうので、特にお気をつけください。


■症状2:塗装の剥がれ
塗装は、家の外観を作るだけでなく、外壁を風雨や紫外線から守るための大切な防護膜です。
それゆえ、塗膜が劣化して塗料が外壁に張り付かなくなって剥がれてくると、今まで守られていた外壁が直に風雨・紫外線の影響を受けしまうので劣化を促進させます。

つまり、建物を長く保つために、塗装の剥がれという軽度の劣化のうちに対処するのが得策なのです。

■症状3:チョーキング
チョーキングとは、外壁面を触るとチョークのような白い粉が付着してしま現象です。
このチョーキングは塗料が劣化しているサインです。防水効果が無くなっている証ですので、塗料の剥がれ同様なるべく早く対処する必要があります。

■症状4:塗装に膨れがある
塗装の膨れは、塗装時に壁に水気が残っていたり、季節柄十分に乾燥させられなかったりしたことによるものです。
中には、素地の錆が膨らんで塗装が膨らむこともあります。
建物に対して直ちに激しいダメージを及ぼすものではありませんが、放置していると塗装の剥がれに繋がるため、早めの対処が必要です。


■まとめ
外壁のダメージには、コンクリートの爆裂や腐食・錆などの明らかに危険な症状もあれば、今回紹介したような一見放置していても問題なさそうな症状もあります。

しかし、初期症状のうちに対処しなければ、建物の内部構造に深刻なダメージを及ぼし、簡単には修復できなくなる恐れがあります。ここで紹介した症状を見つけたら、早急に対処することをおすすめいたします。