外壁塗装の覚えておくべき塗料の種類 | シリコン・フッ素塗料

外壁塗装を行うにしても、どういったことを知っておけばよいかわからないものですよね。基本的に外壁塗装では以下の3つの項目について知っておくことが好ましいとされています。
・塗料について
・塗装方法について
・外壁材について
今回はこの中でも塗料についてお話させていただきます。

■4つの種類
外壁塗装で使用される塗料の主成分は合成樹脂であり、そこに含まれる物質で見た目や耐久性が大きく異なってきます。外壁塗装の種類を知るために2つの種類を見ていきましょう。

・シリコン系塗料

メリット:耐久性や耐候性、仕上がりの良さが優れている塗料です。塗膜の下でひび割れが起こったとしても、防水性を損なう事はありません。耐用年数が12~15年と長く、最もコストパフォーマンスが良いので、現在一番人気の塗料です。現在多くの外壁塗装で使用されており、愛用者が多いことが人気の証拠でしょう。また、塗る部分に合わせて塗料を使い分けることができるので、その場に適した塗装を行うことができます。

デメリット:一番のデメリットは他の塗料に比べてひび割れが起きやすいという点でしょう。また、水や埃をはじく性質があるのですが、それが仇となり次回重ね塗りをする時に密着が悪くなることや、顔料が沈殿しやすいという点もデメリットです。

オススメ:コストパフォーマンスが良いので、どのような人や状況にもおすすめです。「外壁塗装はコスパの良い上質な塗料を選びたい!」という人であればこれで間違いないでしょう。

注意点:シリコン塗料には様々な種類があり、それぞれ性質が大きく異なります。
・水性1液型
・溶剤系1液型
・溶剤系2液型
の3つがあり、それぞれメリットデメリットがあるので目的に応じて使い分けるようにしましょう。

・フッ素系塗料
メリット:耐久性、耐候性、撥水性に最も優れている塗料です。美しい光沢があり、寿命も一番長いです。特に耐候性に関しては他の塗料に比べて格段に高く、耐熱性や耐寒性ももちろん持ち合わせています。一度フッ素系塗料を使えば長期的な外壁コーティング効果があるので何度も外壁塗装をする手間が省けます。

デメリット:値段が高いことが一番のネックです。建物そのものが劣化すると塗料にもひびが入ることがあり、一般住宅には不向きでしょう。

オススメ:美観意識の高い企業の外観や飲食店などで現在用いられていることがほとんどです。なので綺麗なお店のままでいたいとお考えの方にはおススメです。塗り直す必要がほとんどないので長期的な目で見るとこちらの方がお得かもしれません。

いかがでしたか。
外壁塗装を行う際は是非参考にしてくださいね。